個別指導塾のトライプラスの
枚方校 教室
見学可

  • お問い合わせ電話番号
  • 資料請求はこちら

大阪府 枚方市 枚方校 の基本情報

住所
〒573-0032
大阪府 枚方市岡東町13−22
ウィステリア枚方ビル5F
最寄り駅
京阪線枚方市駅 南口から徒歩2分 岡東中央公園の向かい ローソンと花屋さんがあるビルの5階です
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 若山 翔
枚方校の教室長から皆様へ
「多くの友に恵まれるよりも、よき教師と出会うことの方がはるかに難しい」
 
ひとりの教師との出会いは、若いみなさんの運命を左右します。
トライプラス枚方校は、そんな出会いを提供する塾です。
 
京都と大阪を結ぶ枚方という街の中心にある本校には、さまざまな生徒たちが在籍しています。小学生から高校生まで、学年、学校、私立・公立を問わず勉強に励んでいます。2017年5月現在で、39の学校から生徒が通っています。
 
学校での勉強や、入試に向けた準備に不安を抱えている方は、是非一度お電話ください。
見学・無料体験授業はいつでも受け付けています。
トライプラス枚方校は、すべての生徒に開かれています。


【教室直通電話】(フリーダイヤル)0120-50-1061
枚方校の教室の様子
枚方校の生徒が通っている小学校、中学校、高校(累計)

【高校】

常翔啓光学園高校 
同志社高校
同志社香里高校 
同志社女子高校 
関西創価高校 
大手前高校 
四条畷高校 
香里ヌヴェール学院高校 
交野高校 
香里ケ丘高校 
金光大阪高校 
寝屋川高校 
帝塚山学院高校 
京都女子高校 
枚方高校 
常翔学園高校 
大阪市立高校 
牧野高校 
北野高校 
大阪青凌高校 
京都産業大学付属高等学校 
関西大学高等部
                                                             

【中学校】 
桜丘中学校 
高槻中学校 
渚西中学校 
同志社女子中学校 
枚方中学校 
枚方第四中学校 
長尾西中学校 
開明中学校  
東海大学付属仰星中学校 
大阪星光学院中学校 
枚方第一中学校
立命館宇治中学校 
東香里中学校 
中宮中学校 
枚方第三中学校
                                                            

【小学校】 
中宮北小学校 
山之上小学校 
枚方小学校 
枚方第二小学校 
殿山第二小学校 
津田南小学校 
京都女子小学校

枚方校の生徒の進学先

【大学】

横浜国立大学
滋賀医科大学
同志社大学 
関西学院大学
立命館大学
関西大学 
近畿大学
武庫川女子大学
大阪学院大学 
龍谷大学
佛教大学
摂南大学
同志社女子大学

【高校】

常翔啓光学園高校
大阪青凌高校
大阪産業大学付属高校 
東山高校
大阪電気通信大学高校
四条畷学園高校
寝屋川高校
夕陽丘高校
牧野高校
大阪市立高校
桜宮高校
枚方高校
枚方津田高校

【中学】

常翔啓光学園中学 
東海大学付属仰星中学
大阪桐蔭中学

通塾エリア・最寄り駅

枚方市全域・高槻市・寝屋川市などから多くの生徒さんに通っていただいています。

大阪府 枚方市 枚方校のコース紹介

人気コースランキング
小学生
中学生
高校生
1学校別中学受験コース(東海大学付属仰星中学校 常翔啓光学園中など) 1大阪府立高校受験対策コース(四条畷高校・寝屋川高校・牧野高校・大阪市立高校・香里ケ丘高校・枚方高校など) 1大学受験対策コース(関関同立・産近甲龍などの公募推薦・一般入試対策)
2高校受験対策先取りコース 2私立中学定期テスト対策コース(高槻中学・洛南中学・同志社女子中学・東海大仰星中学・同志社香里中学など) 2国公立大学対策コース
3基礎学力養成コース 3私立高校専願受験対策コース(東山高校・四条畷学園高校・大阪電気通信大学高校など) 3基礎学力・指定校推薦コース
その他の人気コース
小学生

○中学受験について

お子さまの中学受験をお考えの方は、ぜひ個別指導の利用を検討ください。
個別では文字通り、生徒さん一人一人に合ったカリキュラムを作り、無理なく効率よく勉強することで受験を成功に導きます。

○基礎学力の養成

たとえば「算数」という科目の6学年で学ぶ内容は、中学の3年間の「数学」の単元に直接結びついています。そして中学の数学はもちろん高校の数学に結びつきます。
まず「あゆみ」の「がんばろう」の数を減らすという目標から、この塾はスタートいたします。

中学生

○府立高校入試

高校入試は、大学入試・中学入試に比べて一番お行儀がよい入試で、指導要領から大きくはみ出た問題は出ません。つまり、普段の定期テストがしっかりできていれば、入試には必ず合格します。当塾ではまず「内申美人」をめざし、自信をつけたあとじっくり実力を養成してゆきます。

○私立中学生定期テスト対策

私立中学にお通いの生徒さんは、どの科目から手をつけてよいか分からなくなり、負のスパイラルに陥ることが多いです。当塾では、まず一科目の点数を確実に上げる「一点突破方式」で自信を取り戻します。

高校生

○国公立受験対策

一口に国公立と言っても、センターの科目選択はもちろん、センター:個別の配点も様々です。実はそういった情報を得ることが入試への第一歩だったりします。しなくてはならないことが多い国公立入試、優先順位を決めてサポートします。

○私立大学受験対策

私立大学になると、国公立の比ではないくらい数が多く、その分受験方式も複雑です。産近甲龍の公募推薦、関関同立の一般をねらう方は、予備校だけでなく個別も検討してみてください。実績があります。

ページトップへ

campaign

新着情報

2017-07-06 


【勉強を止めない】

勉強でも、読書でも、あるいは何かスポーツの練習でもそうですが、上達する、より良い成績を取るためには、習慣化することが重要です。

たとえば私は中学生の時からずっと楽器をやっているのですが、曲によっては非常に難しいフレーズが出てくることがあります。いろいろな練習をしてみるけれど、なかなかモノにならない。そんなとき、とある指揮者に、「毎日歯を磨くように練習しなさい」と言われたことがあります。

朝目覚めたらまず歯を磨く、多くの人ができている習慣だと思います。歯を磨かなかったころのことを思い出すのが難しいくらい、当たり前になっている習慣だと思います。勉強もそうなれば良いですよね。多くの場合、なかなか成績が上がらないのは、勉強が何か特別難しいこと、高いハードルがあることのように思えてしまうことに起因しています。

習慣というのは、つまり、「毎日やる」というそれだけのことです。まずは時間にバラつきがあっても良いと思います。ただ、一日も休まないということが重要です。遊びに行く日があっても、少なくとも30分は机に向かうといった、「習慣」になっていることが肝要です。

いま、だいたいどの学校でも期末テストが終わりつつあります。期末試験前は、多くの生徒が普段より多くの勉強時間を確保できています。一時的に「習慣」になっています。利用しない手はありません。継続することです。特に高校三年生は、これから毎日が期末試験の前日のような気持ちで勉強出来れば、夏の模試、冬の入試でかならず結果を出せるでしょう。

トライプラス枚方校では夏期講習の受付を行っております。夏に向けて勉強を習慣化したい生徒さんは、ぜひご連絡(0120-50-1061)ください。

 



 

2017-06-16 


【いわゆる勉強以外で得る知識】

英語検定が2020年から大学入試に使われると聞いて、塾長である私もどんなものか知っておいた方が良いと思い、先日、約10年ぶりに英検を受けに行ってきました。10年前取得したのは高2のころ、2級だったので、今回は順当に準一級を受験しました。

会場には高校生くらいの方もちらほらいましたが、準一級となると大学生か、それ以上の人が多かったようです。長文の問題が5つあったのですが、その内容は以下の通りです。

レスリングはスポーツなのか、エンターテインメントなのか

インドにおけるハゲワシの減少

「妖精の輪」(キノコが輪状に生えること)に関する議論

幼少期の記憶について

オルトレクシア(摂食障害の一種)について

以上5つのテーマですが、タイトルだけ一見してもなかなか難しそうです。実際私は、レスリングは詳しくないし、ハゲワシ(Vulture)という単語も知らなかったし、「妖精の輪」も初めて知ったし、オルトレクシアという語も「何だ?」という感じでした。日本語で読んでも難しそうなのに、果たして英語で読めるのか…。

文法や構文、語彙の知識はもちろん必要ですが、こういう時に活きてくるのはいわゆる「教養」のようなものです。ふだん、どのくらいを読んでいるか。新聞を読んでいるか。ある程度科学的な文章に慣れているか。英語の力というよりも、むしろそのあたりが大事になってくるようです。そういった力があれば、初めて目にする話題でも、話の内容を推測することが容易になります。

こういうテーマだと、トレーニングを積んでいる大学生や社会人は有利になります。高校生で取得するのはなかなか難しいかもしれませんが、もし取得しようと思うならば、ふだんから上記のようなことを習慣付けておくことが必要かもしれません。

また、英検準一級に限らず、二級や、センター試験、一般入試、どれもこういった質の長文が出題されます。いわゆる「勉強」ではないのですが、広汎な知識が問題を解くのに役立つということは、覚えておいてもよいと思います。




 
2017-05-27 

【中間テストの結果】

まだ一部中間テストが終了していない学校もありますが、おおむねすべての学校で中間テストが終了し、来週には結果が出てくるようです。

以前も書きましたが、一学期中間テストは高得点が狙いやすいテストです。特に前学年の学年末テストと比較すると、点数が上がった方が多いと思います。

公立中三生に関して言えば、今回の中間でうまく点数が取れなかった方は、以降のテストで挽回するのはなかなか難しいかもしれません。やり方を変える必要が出てくると思います。

その時に、テストの答案をしっかり活用しましょう。答案には、勉強のやり方のヒントがたくさん詰まっています。どういった間違いで失点しているのか、それを分析するのに非常に役立ちます。

これは高校生の例ですが、先日の全統マークの結果が返ってきて、ずいぶん落ち込んで、あわてている生徒さんがいました。英語の点数が20点も下がったというのです。どうしよう、何をすればいいのかわからない、と言っておりましたので、答案を一緒に見ていきました。すると、マークミスで23点失点しているんですね。これは実は稀な例ではなく、しばしば起こることなのです。

自分の失点がどういう性質のものか、それを知る・知らないでは大きな差が生まれてきます。この生徒さんの場合は、もちろんマークミスはショックだったようです。ですが、本来は正解していたはずの問題が数問あるという情報は、次の勉強への態度に大きく影響するでしょう。


点数が下がると、保護者の方も、生徒さんも、なかなか落ち着いて分析ができないものです。そういった時に塾を活用してみてください。

 
2017-05-18 


【教室のレイアウト変更】

ゴールデンウィークの休みを利用して、教室の模様替えを行いました。
この模様替えによって、自習用の席が四席増えました。


広くなって自習室が使いやすくなり、中間テスト前だったこともあいまって、このあいだの日曜日の自習室開放では、以前より多くの生徒さんが自習に来てくれました。


次の日曜日(21日)も13:00から開けております。
以前見学に来られたという方も、新しくなった教室をぜひご覧になってください。

 

2017-04-26 


【一学期中間テストの範囲】

枚方市立の中学校では、5月18日(木)19日(金)に中間テストが設定されている学校が多いようです。一部まだ日程が発表になっていない学校もあるようですが、だいたいこのあたりでしょう。

1学期中間テストですが、多くの場合、年間で平均点が最も高い定期テストになります。つまり、高得点が狙いやすいといえます。生徒さんたちにとっては、自信をつける最大のチャンスです。

入試と同じように、出題傾向を分析しておくのもいいかもしれません。

たとえば枚方中学校の中3数学の過去問を見てみると、以下のような配点になっていました。

○中1・中2の復習…10点
○展開・因数分解…90点

中3に入ってから習う内容がメインです。展開の公式を覚えて、あとは計算を見直すクセがつけばかなり得点できそうです。

ところで、枚方第四中学校のある年の過去問では以下のような配点でした。

○中1・中2の復習…54点(うち確率分野が31点
○展開・因数分解…46点

おそらく、この学年は二年生の間に確率の単元が終わらなかったためでしょう、確率の割合が高いですね。
このケースでも計算をメインにテスト対策をしますが、確率は樹系図や表を書いて答えを求める練習が効きそうです。

上記のように、学校ごとに試験範囲は微妙に違います。同じ学校でも、進度によっては範囲が変わってきます。
対策の基本ですが、ゴールデンウィーク明けに配布される試験範囲をしっかり確認することが大切です。

トライプラス枚方校では、各中学の過去問もある程度そろえてあります。
過去問がなくても、配布された試験範囲を使って対策の方法をお伝えすることもできます。

定期テスト前に是非一度お電話(0120-50-1061)ください。


 

2017-03-29 

【今年度の合格実績】

ただいまトライプラス枚方校は春期講習期間中です。
更新が遅くなってしまいましたが、今年度の合格実績をページ下部に表示しています。
入塾を検討されている方は、ご参考になさってください。

春期講習期間中、4月8日(土)までは、
12:30より開室しております。日曜日はお休みです。
教室見学をされたい方はお気軽に。
お越しいただく際は、0120-50-1061(教室直通)までお電話いただけますと
大変ありがたいです。(もちろんお電話なしでもOKです)

 

 
2017-03-06 


【たった52時間】

いよいよ公立高校入試まであと3日になりました。
トライプラス枚方校では、公立高校を受験する中3生に対して
毎年ある特訓をしています。

11月の最後の土曜日から、土曜日の午前や日曜日を利用して、
5教科連続のテストを受けてもらっていました。
このテストは全部で12回あり、
最初の6回が単元ごとの復習、残りの半分の6回が実践問題です。
とくに大阪の傾向に合わせた問題ではなく、
全国の公立高校の過去問から抽出した教材です。
リスニングだけは大阪の過去問に10年分取り組みました。
採点は私がすぐに行い、フィードバックを書きこんで、その場で返却します。
英作文、国語の論述なども添削した上で返し、
その場でやり直しをしてもらいました。

こういった特訓を実施した目的は3つあります。
まず一つ目が、入試に耐えうる体力をつけることです。
5教科連続、休憩ほぼなしでやっても手を動かす時間は四時間を超えます。
普通の中3生だと、模試や実力テスト以外で、
これだけの長時間集中する機会はなかなかありません。
それを毎週やることで、集中することに慣れるわけです。


次に、入試での点の取り方の指導です。
もちろん満点が取れるにこしたことはないのですが、
入試問題は時間がギリギリになるように設計されています。
その中で、どの設問に時間を使うべきなのかという戦略
実は重要になってきます。
こういった指導を行うのに、各分野からバランスよく出題されている実践問題は最適です。

 

そして三つ目が、合格の目安を知ることです。
昨年度の中3生にも同じ試験を実施しているので、
「(たとえば)枚方高校に合格した先輩はこのテストで何点を取った」
ということがハッキリわかります。
模試の偏差値や、内申ではなく、まったく同じ問題でどの程度得点できたのかということがわかるので、明確な目標を設定できます。

という特訓が、昨日終わりました。
昨日は総仕上げに予想問題に取り組み、万全の状態で入試に臨めそうです。
合計13回の特訓、一回あたり約4時間なので、合計52時間になります。
たった52時間です。受験勉強のごくごく一部に過ぎません。
しかしこの52時間が、小さな自信となり、
入試当日の彼ら・彼女らの手に宿ると信じています。

 

 

2017-01-27 


【高校二年生・中学二年生のみなさんへ】

受験勉強は、よくマラソンにたとえられます。
比喩としてのスポーツはいろいろあるのに、
短距離走や、サッカーや、野球がそのたとえに用いられることは少ないようです。

それはなぜかと言えば、まず何より、受験勉強は長期間に渡る戦いであるからでしょう。
一瞬の集中力で勝敗が決まるようなものではありません。
息の長い勉強を継続できるかどうかが、受験において勝利するかどうかを分けます。
途中では辛いこともたくさんあります。成績という現実が常につきまといます。
そういった点から見ても、マラソンというたとえはふさわしいと言えるでしょう。

42.195kmという長い距離の中には、
辛い瞬間、奮起せねばならない瞬間、敗北する瞬間、そして勝利する瞬間があり、
いわば人生のドラマが凝縮されているのでしょう。

しかし、受験勉強はマラソンと決定的に違う点があります。

それは、スタートの時間を自分で決められることです。

受験勉強に、「よーいドン!」の掛け声はありません。
中学二年生・高校二年生のあなたが、
志望校を目指したその日がスタートの合図になります。

もしあなたがもう靴ひもを結んでいるのなら、
一年間のマラソンは始まっています。
私たちはコーチであり、監督であり、声援を送る沿道の人々であり、
そして何よりあなたの伴走者です。

今から3月にかけて、多くのランナーを募集したいと思っています。
一年後、笑顔でテープを切られるように、今から準備を始めましょう!

 

 

2017-01-12 


【センター試験】

いよいよ明後日土曜日と日曜日がセンター試験です。
センター試験、関係のある生徒さんと、
まったく関係のない生徒さんとおりますが、
大学入試、これをもって一般入試の幕開けであることは間違いありません。

何よりも気になるのが寒さですね。
センター試験の日にちょうど寒さのピークが来るようです。

当日は場所によっては(近畿地方でも)雪が降るかもしれません。

予想外の寒さで驚くかもしれませんが、
入試というものはすべて、何か予想外のことが起きるものだと思います。
そういった場合でも対応できる力がすなわち実力ということになります。

センター試験を受ける生徒たちは、
その時のために練習を積み重ねてきました。

残り二日、最後まで諦めずに手を動かしましょう!

 

2016-12-06 

【百里を行く者は…】

高校三年生の戦いもいよいよ佳境です。
公募制推薦入試での結果発表が行われる時期です。

今回の結果で受験を終える生徒、
合格を確保してワンランク上に挑む生徒、
そもそも一般に勝負を賭けている生徒、
さまざまな生徒が毎日夜遅くまで勉強しています。

いずれの生徒にも贈りたい言葉が、

”百里を行く者は九十里を半ばとす”

という言葉です。

この言葉の意味は、

何事も終わりの方が困難なのだから、
九割近いところまで来てようやく半分と心得るべし

という意味です。

受験という道のりほど、終わりが困難なものもないでしょう。
しかしこの最後の十里を全力で取り組んだ者には、
大きな成功が約束されていることも事実です。

あと半分の道のりを、悔いなく行けるよう祈ります。

 

イベント・お知らせ情報

大阪府公立高等学校入試結果

【トライプラス枚方校 2016-2017 大阪府立高等学校入試結果】
 
《一般選抜実施校》
 
○大阪府立枚方高等学校 1名
 
○大阪府立枚方なぎさ高等学校 2名
 
○大阪市立桜宮高等学校 1名

【トライプラス枚方校 2015-2016 大阪府立高等学校入試結果】

《特別選抜実施校》

大阪府立夕陽丘高等学校 音楽科 1名

《一般選抜実施校》

大阪府立寝屋川高等学校 3名

大阪市立高等学校 普通科 1名

城東工科高等学校 1名

大阪府立牧野高等学校 1名

大阪府立枚方津田高等学校 1名

大阪府立枚方高等学校 1名
 

大学・専門学校入試結果

【トライプラス枚方校 2016-2017 大学入試結果】
 
《国立大学》
 
○滋賀医科大学 医学部看護学科
 
《省庁大学校》
 
○防衛大学校 人文・社会科学専攻
 
《私立大学》
 
○関西大学 社会学部・法学部・政策創造学部
 
○関西学院大学 経済学部
 
○立命館大学 文学部
 
○近畿大学 農学部
 
○龍谷大学 経営学部・法学部
 
○京都産業大学 総合生命科学部
 
○同志社女子大学 音楽学部・現代社会学部
 
○日本福祉大学 社会福祉学部
 
○関西外国語大学
 
○大阪電気通信大学
 
○摂南大学
 
○佛教大学

【トライプラス枚方校 2015-2016 大学入試結果】

国立大学

横浜国立大学 教育人間科学部

私立大学

同志社大学 生命医科学部

関西大学 社会学部・経済学部

関西学院大学 教育学部

近畿大学 文芸学部

龍谷大学 経営学部・理工学部

大阪学院大学 経営学部

創価大学 文学部

京都外国語大学 外国語学部

京都産業大学 経営学部

龍谷大学 農学部

関西学院大学 教育学部

関西大学 経済学部

【トライプラス枚方校 2015年度 専門学校入試結果】

関西医科大学付属 看護専門学校

       

私立高校等入試結果

【トライプラス枚方校 2016-2017 私立高校入試結果】
 
○大阪偕星学園高等学校 1名 
 
○大阪青凌高等学校 進学コース 1名
 
○大阪電気通信大学高等学校 1名
 
○東山高等学校 クレセントコース 1名
 
○常翔啓光学園高等学校 進学コース 1名
                 特進二類  2名
 
○大阪産業大学付属高等学校 1名
 
○金蘭会高等学校 1名
 
○京都橘高等学校 1名

【トライプラス枚方校 2015-2016 私立高校等入試結果】

大阪偕星学園高等学校 1名 

大阪国際大和田高等学校 スーパー特進 2名

常翔学園高等学校 特進コース 1名

金光大阪高等学校 1名

大阪青凌高等学校 進学コース 1名

大阪電気通信大学高等学校 1名

興国高等学校 キャリアトライコース 1名

大阪聖母女学院高校 スーパー英数特進コース 1名

東山高等学校 クレセントコース 1名

東海大学付属仰星高等学校 特進コース 1名

相愛高等学校 音楽科進学コース 1名

常翔啓光学園高等学校 進学コース 2名

四条畷学園高等学校 総合コース 1名

和歌山工業高等専門学校 1名

陸上自衛隊高等工科学校 1名

campaign

ページトップへ

枚方校の講師紹介

枚方校自慢の教師陣です。こちらの教師たちが実際にご指導に当たらせていただきます。教師たちの生の声をお聞きください。

桑原先生拡大

桑原先生

小学生から高校生までの算数・数学と理科を担当しています。見た目の通り、優しい先生です。非常に丁寧に授業をしてます。学年・性別問わずどのような生徒さんに対しても平等に、粘り強く接しています。勉強をあきらめさせない、強い信念を持った先生です。

西田先生拡大

西田先生

ご覧の通り、素敵な笑顔の先生です。国語と英語を担当されています。大学受験の際には塾に通わず、自分の勉強法で難関大学に合格をされた実績をお持ちです。生徒さんに合った勉強の仕方を必ず見つけてくれる先生です。

美藤(びとう)先生拡大

美藤(びとう)先生

中高一貫校の出身です。理系の学問を勉強されていますが、講師としては英語を教えています。現在は私立中学生の英語と大学受験英語の担当です。英語を苦手にしているという理系のみなさん、待ってます。

高田先生拡大

高田先生

中学生の英語・数学、高校生の英語を主に担当しています。社会人であり、講師としての経験も非常に長い頼れる講師です。学年・性別を問わず、生徒さんの気持ちを勉強に向けさせる方法を熟知しています。

ページトップへ

トライが選ばれる理由

理解できるまでお子様と向き合う個別指導スタイル
生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
お子様の理解度・到達度が分かる学習プログラム
授業のない日も自由に自習できる演習エリア
繰り返し見る事のできる映像授業「Try IT」
単元別学習・苦手克服ができる演習プリント/オリジナル教材

入会までの流れ

flow

受験情報

最新の受験情報や効果の高い学習法を提供する、トライ教育情報センター
トライ教育情報センターでは、日本全国のあらゆる地域に密着した最新の受験情報をご家庭に提供しています。
さらに、これまでに培ってきた指導データに加え、
全国の家庭教師、教育プランナーから常に情報を収集・分析を行い、
一人ひとりに最適なカリキュラムの作成や効果の高い学習方法を研究しています。
高校だけでなく、中学・大学受験情報も提供しています。
詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。

ページトップへ

  • お近くの教室情報はこちら

    北海道・東北

    信越・北陸

    近畿

    四国

    関東

    東海

    中国

    九州・沖縄

  • 家庭教師のトライ 個別指導塾 トライ式高等学院

ページトップへ