個別指導塾のトライプラスの
東陽町校 教室
見学可

  • お問い合わせ電話番号
  • 資料請求はこちら

東京都 江東区 東陽町校 の基本情報

住所
〒135-0016
東京都 江東区東陽3丁目27番32号
玉河ビル4F
最寄り駅
東西線東陽町駅1番出口より徒歩1分、木場駅1番出口より徒歩7分
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 諏訪 孝明
東陽町校の教室長から皆様へ
教室長の諏訪です。開校して3年目を迎えました。

「やる気を最大にする」ための指導をモットーにしております。
そのために、生徒にとって理想的な学習環境をつくることにこだわっています。
知識だけでなく勉強の「やり方」を一から丁寧に指導しています。
また、授業以外の時間帯でも、無料で
・自習スペースの開放
・一人ひとりの学習状況に応じた勉強内容の指示
・質問対応
・暗記テクニックの伝授
・一人ひとりにあった参考書・問題集の紹介(800冊以上の蔵書があります)
・進路相談

などの対応をさせていただいております。
これらを通じて、
・成績が上がった
・勉強する習慣が身についた
・勉強のコツが分かった

などの変化が生まれます。
そして何より
「以前より勉強が楽しくなった」
という声をいただきます。

勉強や受験への「悩み」を、是非一緒に解消していきましょう。

お問い合わせやご見学はいつでも大歓迎です。
まずは
教室直通電話 03-6666-5357 教室長の諏訪(すわ)宛にご連絡ください。
ご見学の日程調整やご質問への回答等、対応させていただきます。


2014年12月、教室を移転いたしました。
生徒数の増加・蔵書の増加によるスペース不足を解消するためです。
教室が広くなったため、
自習スペースの席数が倍増しました。
また、東陽町駅徒歩1分とアクセスも抜群に良くなりました。

以前よりパワーアップしたトライプラス東陽町校で
皆様のお越しをお待ちしています。




【高水準の指導】
トライプラス東陽町校は、小学生から高校生まで幅広く、高い水準で指導をしております。有名中学受験・上位都立高校受験・国公立大学受験に関しても万全に行う自信と実績があります。

【勉強の習慣】
私たちは、「勉強の習慣をつける」ことを第一に考えています。生徒たちは、授業のない日も自習室へ勉強しに来てくれています。自習室では、チューターが生徒たちからの質問に答えます。家や図書館で一人で勉強するよりも効率良く勉強できるので、全教科の成績が大幅にアップします。勉強が苦手な子も、勉強が得意な子も、成績をアップさせて「前より勉強が楽しくなってきた」と言ってくれます。そうすると、ますます勉強の習慣がつき・・・という良い循環が生まれています。


【よくいただく質問】

中学受験対策・高校受験対策・大学受験対策を
目的として塾をお探しの皆さまとお話をさせていただくことが多いです。
その際、よくご質問いただくのが
「何年生が多いですか?」という質問です。
自習スペースの広さ即ち「量」と自習スペースでの質問対応即ち「質」が
ウリの塾ですのでこれは自習室の雰囲気を左右する重要な要素であると言えます。

2017年4月1日現在、学年ごとの生徒数割合としては
・大学受験生:約20%
・高1、高2生:20数%
・中3生:約20%
・中2生:約20%

中3生以上が60%以上、中2生以上で80%以上を占めています。
ですので、自習スペースは常に勉強に集中できる環境となっております。
「家では勉強に集中できない」
「わからないところがあったときにすぐ相談できる環境が欲しい」
「何を勉強したら良いのかアドバイスがあれば頑張れるのに」
「勉強ってどうやるのかよくわからない」

このようなお悩みのお持ちの方で、
当塾の環境を最大限活かして受験勉強・試験勉強に取り組みたい
という意欲のある皆様のご見学を引き続きお待ちしております。

※2017年4月1日追記
東陽町校スタッフは生徒一人ひとりに対してきめ細かい受験指導・進路指導・キャリア教育を行なっております。その関係で、受け入れ可能な生徒様の人数上限を学年ごとに定めております。現時点で各学年5〜6名前後の余裕がございます。教室見学・ご入塾をお待ちしております。


【教室長プロフィール】
 
東京大学経済学部卒業。受験生のときは予備校で言われたことをなんとなく勉強してE判定ばかりをとっていたが、センター試験での大惨敗をきっかけに自分で勉強法を考え始める。そして、過去問30年分を解くなどして逆転合格を果たす。
大学生時代は塾講師や家庭教師として受験指導にあたり、自らの経験を活かした指導で生徒を難関大学や難関高校合格へ導く。
サラリーマン時代も、激務の傍らで過去問を駆使した勉強法を実践し簿記検定・証券アナリスト・ファイナンシャルプランナー・中小企業診断士などの資格試験に合格する。
その後、「教える」ことが自分の天職であることに気づき受験指導の世界に復帰を果たす。
論理的な説明や過去問を駆使した勉強方法の提供などで数多くの生徒を難関大学・難関高校・難関中学合格へ導いている。

 
東陽町校の教室の様子
東陽町校の生徒が通っている小学校、中学校、高校(累計)

【高校】
深川高校、東高校、城東高校、両国高校、白鴎高校、小松川高校、江戸川高校、工芸高校、科学技術高校、紅葉川高校、飛鳥高校、大江戸高校、江北高校、晴海総合高校、板橋高校、第三商業高校、八潮高校、大崎高校、葛西南高校、新宿山吹高校、豊島丘女子高、市川高校、東邦大東邦、明大中野八王子、日大習志野高、広尾学園高、東京都市大学付属高、東洋高校、芝浦工大高、東京農業大学第一高、豊島学院高校、関東第一高校、暁星高校、かえつ有明高校、成城高校、錦城学園高校、正則高校、日出高校、千葉日大一高、東京学館浦安、安田学園、実践女子学園高、京華女子高、中村高校、堀越高校、文京学院大学女子高

【中学校】
深川四中、深川三中、東陽中、深川八中、深川六中、深川七中、深川二中、南砂中、第二南砂中、第三砂町中、有明中、麹町中、白鷗中、武蔵中、早稲田中、青山学院中等部、広尾学園中、十文字中、山脇学園中、安田学園中、日大一中、日大豊山中、成城中、暁星中、実践女子学園中、家政大付属中、都市大付属中、かえつ有明中

【小学校】
南陽小、東陽小、平久小、越中島小、川南小、枝川小、臨海小、北砂小、扇橋小、元加賀小、第三砂町小、明治小、南砂小、佃島小、明石小、聖学院小

高校生の生徒さんが一番多いです。

東陽町校の生徒の進学先

【大学】
学芸大学・首都大学東京・学習院大学・明治大学・青山学院大学・東京理科大学・法政大学・日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学・東京農業大学・武蔵野大学・千葉工業大学・立正大学・大正大学・工学院大学 など多数

【高校】
都立国際高校・都立三田高校・都立北園高校・都立墨田川高校・都立城東高校・都立上野高校・都立石神井高校・都立向丘高校・都立豊島高校・都立深川高校・都立東高校・都立武蔵丘高校・都立工芸高校・都立小岩高校・都立紅葉川高校・都立芝商業高校・都立第三商業高校・都立板橋高校・都立八潮高校・都立足立新田高校・産業技術高専・都立大島海洋国際高校・都立千早高校・都立舞台芸術高校・都立日本橋高校・都立浅草高校
早稲田大学高等学院・豊島岡女子学園・江戸川女子高等学校・広尾学園高校・駒澤大学高等学校・足立学園・東洋高校・京華高校・京華女子高校・東海大学付属浦安高校・芝浦工業大学高校・上野学園高校・淑徳巣鴨高校・十文字高校・京華商業高校・豊島学院高校・関東第一高校・関東国際高校・駒込高校・桜丘高校・二松学舎大学付属高校・村田女子高校・東京学館浦安高校・昭和第一高校・正則学園高校・上野学園高校・武蔵野高校・日出高校・岩倉高校・中央学院大学中央高校・日本大学第一高校・かえつ有明高校・日本工業大学駒場高校・東京成徳高校、修徳高校、安田学園高校、自由ヶ丘高校、駒込高校、朋優学院高校

【中学】
東京学芸大学付属竹早中
都立白鷗中学校・法政大学中・開智中・芝浦工大附属中・目白研心中・安田学園中・千葉日本大学第一中・かえつ有明中学校・日大豊山中・京華中・東洋大京北中学校・江戸川女子中学校、東海大浦安中学校、恵泉女学園、三田国際中学校

【2016年度 合格校一覧】

明治大学/法学部(69〜71)2名/政治経済学部(67〜71)/情報コミュニケーション学部(67〜70)2名/理工学部(58〜63)

中央大学/法学部(68〜74)/商学部(65〜67)

法政大学/法学部(67〜70)/生命科学部(55〜60)2名

日本大学/法学部(59〜65)/商学部(59〜62)/生産工学部(47〜51)/理工学部(51〜59)4名

東洋大学/国際学部(60〜63)

駒澤大学/グローバル・メディア学部(57〜62)

専修大学/経済学部(57〜61)/経営学部(57〜61)

大東文化大学/国際学部(46〜49)

東京女子大学/現代教養学部(55〜66)

國學院大学/文学部(58〜67)/人間開発学部(61〜67)

大妻女子大学/比較文化学部(50〜52)

東京家政大学/人文学部(52〜61)

大阪樟蔭女子大学/健康栄養学部(57〜58)

(注:偏差値はベネッセの模試データのものを使用しています)

都立国際高校(67)/三田高校(67)/北園高校(62)/石神井高校(56)/深川高校(55)/向丘高校(53)/科学技術高校(53)/総合芸術高校(52)/東高校(52)/足立高校(48)/大島海洋国際高校(47)/千早高校(47)/日本橋高校(44)/浅草高校(38)

私立十文字高校(69)/駒込高校(67)/淑徳巣鴨(66)/朋優学院高校(60)/東京家政大学付属女子校(59)/東京成徳大学高校(59)/足立学園(58)/実践学園高等学校(57)/修徳高校(56)/東海大付属高輪台高校(56)/立正大学付属立正高校(55)/安田学園(55)/日本工業大学駒場高校(54)/豊島学院高校(53)/保善高校(53)/昭和第一学園高校(51)/上野学園高校(47)/大森学園高校(47)/正則学園高校(46)/京華商業高校(45)/蒲田女子高校(45)/中央学院大中央高校(44)/淑徳SC高等部(43)/自由ヶ丘学園高校(40)/品川エトワール女子高校(40)

(注:カッコ内の偏差値は、「首都県高校受験案内2017」のものを使用しています)

恵泉女学園(55)/江戸川女子中学校(55)/かえつ有明中学校(47)/東洋大京北中学校(43)/東海大浦安中学校(43)/三田国際中学校(43)

(注:カッコ内の偏差値は、「平成28年度用首都圏版中学受験案内」のものを使用しています)

通塾エリア・最寄り駅

木場駅、東陽町駅、南砂町駅、西葛西駅、越中島駅、潮見駅、豊洲駅、幅広いエリアより来校しております。

東京都 江東区 東陽町校のコース紹介

人気コースランキング
小学生
中学生
高校生
1苦手科目克服コース 1都立高校入試対策コース 1大逆転大学入試コース
2中学受験対策コース 2定期テスト対策コース 2苦手科目集中対策コース
3集団塾フォローアップコース 3苦手科目克服コース 3高校生内申対策コース
その他の人気コース
小学生

【国語力養成コース】
●国語が苦手、文章読解・作文が苦手というお子さんにオススメです。

【算数力養成コース】
●算数力を高めたいお子さんにオススメです。授業のペースや内容はお子さんの理解度・習熟度に合わせます。

【中学受験対策コース】
●公立中高一貫校、私立中学への進学をお考えのお子さんにオススメです。

中学生

【都立高校入試対策コース】
●都立入試対策に力を入れている教室長が過去20年分の過去問と合計200回以上のVもぎ・Wもぎの出題傾向を分析して、当塾オリジナルの「都立高校対策テキスト」を各教科毎に作成しました。他では入手不可の自信作であり、実際にそれを使って勉強を続けた多くの生徒に成果が見られました。季節講習の折には、都立高校対策のためだけの集団授業を開催致します。国語のプロ・鈴木先生と、高校受験のプロ・諏訪先生による、「都立で勝つための秘訣」を主題とした授業となっております。

高校生

【大逆転大学入試コース】
●熾烈を極める大学受験戦争で勝ち残るための猛特訓コースです。
大学入試対策においては志望校の選定とそれに対する学習計画が勝敗を分けます。私達は大学受験に関する膨大な知識を基に、夢や目標から学部・学科・受験校を提案します。そして、選定した受験校に対して、全科目に対応し、年間計画表を作成いたします。さらには一ヶ月、一週間ごとの面談を行い、学習管理を行います。大学受験をお考えの全ての高校生にオススメのコースです。

ページトップへ

campaign

新着情報

2017-05-26 
【速報!】
またまたまた嬉しい報告を頂いたのでご紹介します!
4月に実施された2017年第1回スタディサポートテストにおいて、当塾の錦城学園高等学校の2年生の生徒が、国語と英語の成績を勢い良く伸ばしてきました!
国語の校内偏差値 63.1!!(校内順位11位)
英語の校内偏差値 74.6!!!(校内順位3位)
国語と英語合わせた校内偏差値は、なんと73.9!!!(校内順位2位)

GTZ(学習到達ゾーン)の伸びは著しく、高1の4月では国語はC3(4年制大挑戦レベルの下位)、英語はB2(国公立・中堅私立大挑戦レベルの中位)でしたが、今回のテストでは、国語はB2、英語はA2(国公立・中堅私立大合格レベルの中位)となり、国語は4ランクアップ!!!英語は3ランクアップ!!!となりました!!!

普段の取り組みを継続していった結果だと思います。この調子で、どんどん上のレベルを目指して、成長していってほしいです。よく頑張りました!!
2017-05-19 
【速報!】
またまた嬉しい報告を頂いたのでご紹介します!
4月に実施された進研模試(記述)において、当塾に通う広尾学園3年生の生徒が、驚くべき結果を叩き出しました!!(自慢ばかりでスミマセン笑)

彼女の3教科の偏差値がこちら。
国語→64.6
英語→77.8
世界史→71.8

3教科の合計の全国偏差値がなんと81.0!!!

ちなみに彼女は3月実施のGTEC(実践的な英語力を測る4技能試験)において、756点取りました。これはGTECのホームページによると、海外赴任が可能なレベルです。日常生活、担当業務でも大きな問題なく即戦力で使える英語力を持っています。とあり、かなりの高得点であることがわかります。

彼女の日々の努力と意欲が生み出した結果です。素晴らしいです!!この調子で頑張っていってほしいです!

日本においては、英語力の必要性は今後さらに増していきます。日本の人口は少子化により減少する一方で、世界人口は増加傾向にあります。つまり、日本の経済は国内だけでなく、国外にも消費者を開拓していかなければなりません。必要とされる人材は、実践的な英語力を持った人間となるのは自明の理です。

当塾では実践的な英語力の育成にも力を入れております。4技能対応可能な先生が現在3人いらっしゃいます。検定対策ではリスニング・ライティング・面接の対策も行なっております。英語の検定対策をお考えの小・中・高校生の方のお問い合わせも、お待ちしております!!
2017-05-15 
【信じること、期待すること】

こんにちは。副教室長の井口です。5月も半ばを迎え、各中学校では運動会練習が本格的になってきていますね。中学生はこの時期に大きなイベントが重なるので、疲れていることが多いです。

6月の初め頃に運動会があり、それが終わって一休みかと思いきや定期テストが控えています。計画と日々の取り組みがなされていなければ、新学年最初の定期テストで大コケしてしまいます。特に3年生については、内申が進路に大きく関わります。最初の出だしで弾みをつけたいところです。

第三砂町中学では、先週「ミニ定期考査」というものがありました。ミニとは言えど、この出来が内申に反映されることは間違いないでしょう。当校の三砂中3年の生徒達はかなり緊張していました。とはいえ、本番の定期テストに向けた「予行演習」という位置づけで見れば、このテストの出来がどうあれ、悲観することなく、余計な疑いを持たず、自分の課題を見つけ、それを一心に解決して挑むというのが、もっとも良いテスト対策となり得るはずです。

その三砂中の生徒たちから、「出来るはずのものがうまくいかなかった」「もうちょっと取れると思ったのにそうでもなかった」という報告をもらいました。彼らに対しては自主学習用に対策プリントを渡したり、授業を「ミニ定期テスト対策」に切り替えたり、テストの取り組み方そのものをレクチャーしたりと、出来得る限りのことをしました。それでもうまくいかないこと、というのはあります。

こんなとき、普通は「期待」していますよね。『これだけのことをしたのだから、それ相応の結果が返ってくるのだろう』と。お子さんに対して、そういった気持をお持ちになったことがあるのではないでしょうか?

しかし、「期待」というのは常に「見返り」を要求しているものなので、それが無ければ「裏切られた」という感覚をもたらします。彼らが、うまくいかなかったという報告を持ってきた時、もし私が彼らに「期待」をしていたら、残念な顔が浮き出てきて、彼らを不安にさせるだけでしょう。しかも「裏切られた」という感覚は相手への「疑い」とセットです。『ちゃんとやったの?!』『やり方が間違ってるんじゃないの?!』なんてことを言いかねませんよね。こんなことを言ったところで、彼らは路頭に迷うだけですし、認めてもらえない不満が溜まってしまいます。彼らのやる気を削ぐ最も効果的な言葉と言えます(笑)

私は、「信じる」ということと「期待する」ということを分けて考えています。信じるということは、見返りを求めない、能動的な自分の意思決定なのです。その思いは安易に目の前の結果で左右されるものではないのです。

不安げに私に報告をした彼らに対しては、笑って「大丈夫だ」と伝えました。そして、この結果をどう受け止めるべきかだけ伝えました。今後も私は彼らの取り組みを見守り、全力でサポートをするつもりでいます。彼らの眼には、まだ希望とやる気が感じられました。その思いを信じて、私も出来る限りのこと、思いつく限りのことを提案していくつもりです。

私は「信じること」は「疑わないこと」だと考えています。疑っている暇があったら、未来のために今できることを全力でやる方が良いですよね(笑)何か違うと思ったら、やり方を変えたり、工夫したりすれば良いんです。そうやって忙しく考えていれば、自然と疑う時間などなくなります。

そうやって出た結果が仮に良くないものであったとしても、それで人生終わりではないので(笑)そこからまたより良い方向を目指して、取り組みを始めれば良いんです。お子さんには、「期待する」よりも「信じる」ことを意識して、向き合ってもらえればと思います。
2017-05-10 
【速報!】

こんにちは。副教室長の井口です。またまた東陽町校で嬉しい報告を受けたので、ご紹介します!(ただの自慢です)
4月に実施されたベネッセの学力テストにおいて、当校に通塾する大妻女子の生徒が、その成績においてものすごい伸びを見せました。

彼女の前回の同テストにおける国語の偏差値は47.9、数学は44.4でしたが、今回のテストでは、国語56.2!!そして数学はなんと65.8!!!国語はおよそ8ポイントアップ!!!数学は21ポイントアップ!!!(いつもより多めにビックリマークを入れております!!!)

彼女は当塾では、数学の授業を受けており、授業内容は基本的に学校の内容のフォローアップです。担当の先生が優秀な方で、かつ彼女自身も授業に集中して取り組み、授業以外の時間も自習室で勉強を続け、分からないところは質問をしてその場で解決するようにしていました。

彼女自身の主体的な取り組みと、それをサポートする環境が見事にマッチして、今回の結果に繋がったのでは、と勝手に考えています。

ここまで力を跳ね上げるには並々ならない努力があったことと思います。素晴らしいです!!!この調子でどんどん成長を遂げていってほしいと思います。
2017-05-05 
【面倒くさがりは本当にいけないのか】

こんにちは。副教室長の井口です。近頃日中はかなり暖かくなってきましたね。きっとすぐに暑くなるんだと思います。運動会や部活の練習で、お子さんは最近クタクタではないですか?直射日光を浴びながら何時間も身体を動かすのはやはり大変なことですからね。労ってあげてください(笑)

さて、お母様方から寄せられるお悩みで、よく聞くのがこちら。

「うちの子、面倒くさがりなんです」

なるほど。確かに、子どもが思うとおりに動いてくれることを期待していると、これはかなり苛立たしかったり、落胆する要素にはなりえますね。大人としては「ちゃんとして!」という気持ちになります。面倒くさがりな子どもは

・やってほしい段取りを飛ばして結果だけを求める
・自分がやったことの振り返り・確認を怠る
・反復の努力を嫌う


といった傾向があります。一見すると、ダメパターンに思えますが、果たして本当にそうでしょうか。

昨日、ある小学生の男の子の勉強を見ていました。その子はもともと勉強に対するやる気や意欲がとても低い上に面倒くさがりで、問題文をきちんと読まず、適切なプロセスを踏むこと無しに答えをサッサと出そうとするので、よくミスや間違いがありました。途中式の字も雑なので、よく自分で書いた字を見間違えて失敗していました。

ただ、最近その子の様子を見ていると、明らかに計算力が上がっていることに気が付きました。正確で速い計算が、以前よりもずっと出来るようになっていたのです。ただ途中式をみると、字はやっぱり雑なのです(笑)ですが、「速く答えを出すための工夫」を自分なりに考えてやっているのが見てとれました。頭の中で瞬間的に出来る計算と、筆算とをうまく組み合わせて、自分なりの計算パターンを生み出していたのです。

人によっては、「いや、そんな計算方法じゃ絶対にミスが出る。キレイにきっちり書かせないとだめだ」と思われるかもしれません。ですが、私は、人から指示されたことをそのまま鵜呑みにして使うよりよりも、自分で技を編み出し使いこなせるようになること自体が、「自立的な学び」であり、重要な成長だと考えています。

もちろん彼のやり方は、場合によっては修正や改善する余地はあるでしょう。それはそのとき、折に触れて教えれば良いのです。肝心なことは、子どもたちは自立の過程にあり、私達大人は、それを妨げてはいけないということなのです。

おおかみ子どものお母さんも言ってましたね。「しっかり生きて」ということなのです(笑)
 
2017-04-30 
【勉強はいつか終わるのか】

こんにちは。副教室長の井口です。
この前、生徒からこんなことを言われて驚きました。

「ここの先生たちは、勉強熱心ですよね!私はこの塾に来るまで、他の塾を色々見てきましたが、どの塾も先生たちは授業以外はボンヤリしてるというか、少なくとも勉強している様子は感じられませんでした。ここの先生たちは、時間があれば何かしら勉強をしていて、どこまでも意欲的で、おぉ!ってなりました(笑)」

そのとき私は、心理学について勉強をしようと、当塾の本棚を漁っているところでした。教室長の諏訪が、自宅から持ち込んだり、私達スタッフのために購入してくれた『ためになる本』が大量に収蔵されている本棚があり、時折そこから気になるタイトルの本を取り出して、読んで勉強しているのですが、その姿を見た生徒から、そういった言葉をもらったのでした。

勉強って、学生である間だけのものではないんですよね。むしろ、社会人になったら、勉強なんて呼吸するのと同じレベルで当たり前にするものだと私は考えています。人は死ぬまでずっと学び続けます。その方法や内容が、時を重ねる毎に変わっていくだけです。

私は勉強をするのは当たり前だと思っている上に、私達塾関係者の仕事は生徒たちに勉強をしてもらうところにあります。そんな立場にありながら、自らは勉強をしないでいる塾のスタッフがいるということが、驚きでした。

彼女が見えていなかっただけで、その塾の先生たちは陰では勉強していたかもしれません。ただ、「大人が熱心に勉強をしている姿」というのは、こういった立場である以上、見せておくことはとても大事なのです。普段は勉強など何もしていなさそうな人間から「勉強せい」と言われたところで、彼らの心に何も響かないのは当たり前ですよね。

子どもたちは、大人の生きる姿をシビアに見つめています。口先だけだとわかれば、途端に尊敬することをやめ、その大人の言うことを軽視するようになります。その逆に、日々意欲的に勉強し、真剣に物事に取り組み、イキイキと楽しそうに生きている姿を大人が示せば、子どもたちはそんな大人になりたいと、自然とその大人のマネをしだすのです。

保護者のみなさんは、何か勉強をされていますか?(笑)
お子さんはその姿を見つめていますよ。
2017-04-27 
【勉強を自分で管理するということ】

こんにちは。副教室長の井口です。
体験授業や三者面談等で、親御様から頂くお悩みの中でも、「自分の家の子供が勉強に対してやる気がない」というのは、私達としては耳にタコが出来るくらいに聞き慣れたものです。

これは永久不滅の課題です(笑)しかし、きちんと向き合えば対処できるものでもあると、私は考えています。

東京大学大学院で教育心理学を研究されている市川先生は、書籍の中で、学習者のやる気の無さの原因の一つとして、「自発性の欠如」を挙げていました。面白かったのは「勉強しようとした時に『勉強しなさい』と言うのが学習者を勉強嫌いにさせる最も有効な方法である」という言葉でした。なんとも皮肉めいており、私は好きです(笑)

でもそうなんですよね。「やらされること」というのは、自分の意志がそこになければ「こなす作業」としてしか彼らに認識されず、結果後々まで身につくといったことはあまりないかと思います。心当たりありますよね?(笑)

私は、相手が中学生であろうが、小学生であろうが、彼らの「主体性(自分の意思決定の下で動こうとすること)」を育てるつもりで向き合っています。彼らは結局のところ、「一人でも食っていける大人」になる必要があるからです。主体性がなければ、その人の人生は周囲の人間や環境に左右されてしまいます。それでは「人から食わせてもらう人間」から脱することが出来ません。それは、女性も男性も同じです。「私は女の子だから。お嫁に行けば頑張らなくてもいいから。勉強や仕事はほどほどでいい。」などという考えは、私から見れば破滅的でしかありません。それについてはまた追々語ります。長くなるので(笑)

私はお子さんのタイプを見計らって、「学習管理ファイル」というものを作って渡しています。「自分が実際にやった学習」を記録するというだけの簡単なものです。

ですがこれはなかなか良いものです。自分が何をやってきたかを見てみると、まぁ大抵の子は、量が少なすぎたり、内容に偏りが生じます。そばで見ている大人は、口出ししたくなりますよね。「もっとやりなさい。アレもしなさい」と。でもそれが逆効果であることは既に述べました。

この「記録をつける」ということで、自分がやったことを振り返ると、子どもたち自身が、自分の取り組みの中に自然と問題意識を持ちやすくなります。子どもたちに進捗具合を聞いてみると、「もうちょっと出来そうだと思ったから、この勉強も取り入れてみた」とか、「漢検の勉強をするのをすっかり忘れていることに気づいた。先生、何を使ったら良いですか?」といった言葉をもらいます。

そのときの彼らの眼は、なんだかイキイキしているんですよね。私はそういった子どもたちの眼を見るのが大好きです。こういった眼を見たくてこの仕事をしていると言っても過言ではありません。

この取り組みはまだ初期段階で、調整の余地は残っています。ですが、うまく行けば、子どもたちを「勉強好き」にできそうな予感です。

かく言う私は勉強が好きです。知らないことが知れること、わからないことがわかるようになることの喜び、自分が成長していくときの高揚感。それが感じられれば、もう後は彼らは勝手に勉強しだすと思います。それを目指していきたいですね。

また長くなってしまいました(笑)
2017-04-23 
【速報!】
当塾に在籍している、京華高校2年生の男子生徒から、嬉しい報告を受けたのでご報告いたします!
2017年度第1回スタディサポートテストにおいて、国数英すべてにおいて驚異的な結果を出してくれました。
国・英の合計得点は校内順位4位(校内偏差値70.6)
※前回は校内順位126位(校内偏差値37.9)


数・英の合計得点は校内順位1位(校内偏差値89.4)
※前回は校内順位42位(校内偏差値55.1)


国数英の合計得点は校内順位1位(校内偏差値82.7)
※前回は校内順位92位(校内偏差値45.4)


特に数学と英語の前回からの伸びが著しく、前回の数学のGTZ(合格到達ゾーン)はA3(国公立・中堅私立大合格レベルの下位層)でしたが、今回のテストではS3(難関大合格レベルの下位層)にまで到達しました。A3からS3までにはA2、A1とあるため、段階で言うと、3ランクアップです!!英語についてもB2からA2へと、同様に3ランクアップを果たしています。

こういった結果は、もちろん自然と出てきたものではありません。彼はほぼ毎日、東陽町校の自習室に通いつめ、当校のスタッフと立てた計画に従い、彼のレベルに見合った教材を使って、コツコツと勉強を継続してきました。

ただ勉強しに来るだけでなく、わからない問題は必ず質問に来るようにしていました。使う教材の選定についても、スタッフやアルバイト講師の先生に意見を求めるなどして、「どうしたら自分の力を効率的に伸ばせるか」というところにこだわっている姿が印象的でした。

この調子で、どんどん力を伸ばしていってほしいです。
本当によく頑張っています。素晴らしいです!
2017-04-21 
こんにちは。副教室長の井口です。
もう各学校では授業が始まっています。「その授業を担当する先生が誰であるか」というのは、子どもたちにとっては死活問題に近いです。先生が魅力的であるというだけで、その教科が大好きになる子もいれば、その逆もあります。
先日、ある生徒がなんだか浮かない顔をして教室に入ってきたので、気になり声をかけました。
「どうした?なんか元気ない感じするよ?」
「ん〜ちょっと・・・色々(笑)」
そのときはあまり触れないほうがいいかと思い、そっとしておきましたが、それでも気にかかっていたので、帰り際にもう一度、軽く笑いつつ「どしたんや〜(笑)」と聞いてみました。そうしたら、
「学校の数学の先生がつまらない」
ともらしました。深刻な問題ではなかったのでホッとしましたが、彼女にとっては苦痛以外の何ものでもないようで、
「つまらなすぎて嫌だ」
と顔をしかめて話をしてくれました。私はこう切り返しました。
「ん〜、じゃあどうしたら面白くなるかなぁ」と。
「え〜?!先生がもうそんなだからどうしようもないです!」
という彼女に、私は
「いや、どうしようもなくはないよ。その先生がつまらないっていうのがどこから来るものなのか、徹底的に分析してみたら面白いと思う。その先生の話し方なのか、教え方なのか、どういう言い方でつまらなくなっているのか、とにかく分析してみるの。それは残念ながら数学の学びとは違っているけれど、でもここから得られることは、とても大事な学びになると思う。」
彼女は驚いた顔をしていました。正直、学習塾のHPに載せて良いセリフなのかも疑問ですが(笑)
「そういう視点で授業を受けてみたら?分析してみて、その先生の何がダメなのか分かったら、私に教えてね」
彼女は笑いながらうなずき、帰っていきました。
「授業を受ける」という時間を、どう過ごすのか、ということなんです。つまらないと思い続けながらダラダラと受け身で聞いていて、得られるものは何もありませんし、時間の浪費です。それならいっそ、視点を変えてみて、何か自分の学びになることがないか、貪欲に探す時間にするほうが、ずっと有意義ですよね。
さて、彼女はその「つまらない先生」をどう分析をしてくれるのでしょう。楽しみです(笑)
2017-04-19 
中学3年生を対象とした模擬試験が東陽町で受験できます。
これまでVもぎ・Wもぎは東陽町で受験することが出来ず、最寄りの会場は両国駅付近でした。
しかし、2017年6月4日(日曜)にWもぎが江東区塩浜の

臨床福祉専門学校

にて受験できることになりました。

今の実力を知り、今後の受験勉強に活かすために是非受験してください。塾にパンフレットが多数ございます。
(本日、Wもぎのスタッフ様より直接頂戴しました。)

イベント・お知らせ情報

6/4(日)に・・・!!!

新学年がスタートし、新しい環境、新しい交友関係、そして、新しい学習内容に移行し、そろそろ緊張もほぐれ、慣れてきた頃ではないでしょうか?そして江東区の中学校では早くて6月の第2週から、前期中間テストが始まります

お子様の勉強の様子はいかがでしょうか?集中して取り組めていますか?集中して取り組んだか、そうでないかで、その成果は圧倒的に変わります。自分の子どもの集中力をいかに発揮させるか、そしてそれを継続させられるか、これは多くの保護者様の悩みのタネですよね。

そこで、トライプラス東陽町校では「集中力」をテーマにした、特別な保護者会を実施いたします。
開催日時は6/4(日)14:00からです。(開場は13:30から)

「ウチの子、ホンット集中できないんです!!」
「すぐにスマホを触りだすんです!!」
「集中するとしても、カードゲームやっているときくらいなんです!!」

そういったお悩みにお応えするべく、当校の教室長諏訪はその問題に徹底的に向き合いました。その問題の実態と原因を洗い出したうえで、あらゆるパターンを想定した「東大式解決法」を伝授いたします!!

内部生なけでなく、外部の方の申込も、随時受け付けております。
中学生のお子様をお持ちの方限定の保護者会です。この機会をお見逃しなく!!

問い合わせ先はトライプラス東陽町校03-6666-5357です。
ご連絡をお待ちしております。

参加ご希望の方はこちらから

下記の必要事項を記入の上、ご応募下さい。記入が終わりましたら、「送信する」ボタンを押してください。
また、ご入力いただく前にプライバシーポリシーをお読みください。

ナビゲーション(1.必要事項の記入)

お名前

※全角でご記入ください。(例:トライ 太郎)

電話番号

※半角数字でご記入ください。(例:03-5211-3322)

学年

※全角でご記入ください。(例:中3)

メールアドレス

※半角英数字でご記入ください。(例:xxxxxxx@xxxxx.co.jp)

送信にあたっては「プライバシーポリシー」に同意いただけたものとし、
参加申し込みは東陽町校宛に送信されます。

日本漢字能力検定実施のお知らせ

2017年7月17日(金)に、トライプラス東陽町校を準会場として、「日本漢字能力検定」(※通称「漢字検定」)を開催致します。当校生徒はもちろん、外部の方の参加申し込みも受け付けております。

漢字能力検定の公式ホームページはこちら→http://www.kanken.or.jp/kanken/

参加ご希望の方はこちらから

下記の必要事項を記入の上、ご応募下さい。記入が終わりましたら、「送信する」ボタンを押してください。
また、ご入力いただく前にプライバシーポリシーをお読みください。

ナビゲーション(1.必要事項の記入)

お名前

※全角でご記入ください。(例:トライ 太郎)

電話番号

※半角数字でご記入ください。(例:03-5211-3322)

学年

※全角でご記入ください。(例:中3)

メールアドレス

※半角英数字でご記入ください。(例:xxxxxxx@xxxxx.co.jp)

送信にあたっては「プライバシーポリシー」に同意いただけたものとし、
参加申し込みは東陽町校宛に送信されます。

実用数学技能検定実施のお知らせ

2017年7月23日(日)に、トライプラス東陽町校を準会場として、「実用数学技能検定」(※通称「数学検定」「算数検定」)を開催致します。当校生徒はもちろん、外部の方の参加申し込みも受け付けております。

実用数学技能検定の公式ホームページはこちら→http://www.su-gaku.net/suken/

参加ご希望の方はこちらから

下記の必要事項を記入の上、ご応募下さい。記入が終わりましたら、「送信する」ボタンを押してください。
また、ご入力いただく前にプライバシーポリシーをお読みください。

ナビゲーション(1.必要事項の記入)

お名前

※全角でご記入ください。(例:トライ 太郎)

電話番号

※半角数字でご記入ください。(例:03-5211-3322)

学年

※全角でご記入ください。(例:中3)

メールアドレス

※半角英数字でご記入ください。(例:xxxxxxx@xxxxx.co.jp)

送信にあたっては「プライバシーポリシー」に同意いただけたものとし、
参加申し込みは東陽町校宛に送信されます。

都立高校入試対策用twitterアカウント登録のお願い
都立高校入試対策用twitterアカウント登録のお願い

都立高校入試対策用にtwitterアカウントを作成しました。
朝7:00〜夜23:00の間、1時間に1回のペースで都立高校入試対策一問一答をつぶやきます。(botというシステムを活用しています)

右記画像のQRコードから登録をお願いします。

都立高校入試対策用のLINEアカウント登録のご案内
都立高校入試対策用のLINEアカウント登録のご案内

都立高校入試対策のためのLINEアカウントを作成しました。
都立高校入試対策プリントの完成及び配布開始をお知らせします。
右記画像のQRコードから登録してください。

campaign

ページトップへ

東陽町校の講師紹介

東陽町校自慢の教師陣です。こちらの教師たちが実際にご指導に当たらせていただきます。教師たちの生の声をお聞きください。

井口副教室長拡大

井口副教室長

こんにちは。副教室長の井口です。
今年2015年3月から、東陽町校の副教室長として教室運営に携わってまいります。

私が親しくしている1人の子育て世代の女性が、この仕事をするきっかけをくれました。
彼女には当時、中学3年生と高校3年生のお子さんがいました。
どちらのお子さんも、勉強に対するやる気がなかなか起きず、当然の結果として学力が上がらなかったためその女性は焦りと不安に駆られていました。
よく一緒に食事をしに行く仲でしたから、彼女はよく私に愚痴をこぼしていました。
私は、そんな彼女の力になりたいと思い、話を聞き、悩みを共有するなかでいつしか、教育の道を志すようになりました。

生徒さんの不安や悩みを解決していくことはもちろんですが、私は保護者の皆様の心配や焦りも想像した上でこの副教室長としての業務を遂行していこうと考えています。
全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

鈴木先生拡大

鈴木先生

【鈴木先生から】学ぶべき事は、「なぜ?」と疑問を発する力とそれを解決する方法です。暗記ではない本物の考える力を、一緒に獲得していきましょう。
【教室長から】わかりやすい授業とユニークな人柄が生徒から大人気です。小学生から高校生まで、全教科対応できる勉強のエキスパートです。進路相談にも対応いたします。

岡村先生拡大

岡村先生

岡村先生は、理系科目のスペシャリストです。数学・物理・化学の授業は、理系の大学受験生から絶大な支持を受けています。

工藤先生拡大

工藤先生

すごく優しい先生ですが、指導の際は熱く生徒を引っ張ってくれます。中学生の全教科を担当しています。

平澤先生拡大

平澤先生

とっても優しい理数系の先生です。中学受験の算数・理科から国公立大学入試の数学・物理・化学対策までおまかせです。キレイな図と丁寧な解説は、「わかりやすい!」と大評判です。

中川雅之先生拡大

中川雅之先生

大学受験数学、物理、化学、英語なら、中川先生にお任せです。丁寧な解説と優しい人柄は、生徒にも大人気です。

飯沼先生拡大

飯沼先生

英語のスペシャリストです。小学生から高校生までの英語を担当し、全員の成績をupさせています。留学経験もありネイティブのような発音なので、英検対策や受験のリスニング対策に抜群の強さがあります。

蓮先生&樋口先生拡大

蓮先生&樋口先生

蓮先生は理系の、樋口先生は文系の先生です。小学校の補習から大学受験まで、幅広く対応できます。

諏訪葵先生拡大

諏訪葵先生

すごく面倒見がよい先生です。ときに楽しく、ときに厳しく指導をしてくれます。授業を担当している生徒も、そうでない生徒も懐いている人気の先生です。
ちなみに教室長の妹です。

生徒の体験談

第一志望の高校に合格!次は大学受験に向けてここで頑張ります!
長谷川凱さん (中学3年生)
トライプラスに通ったきっかけは、中学受験のためでした。結局、合格した私立ではなく近くの公立中学校に通うことになりました。トライプラスの先生は、その頃から高校受験のことを話してくれていて、高校受験のイメージを持つこともできました。3年生になってからは、勉強に集中するため、授業以外の時間にも自習に来て、先生や教室長に勉強を教えてもらいました。特に、教室長が作ってくれた理科や社会の暗記ポイントをまとめたプリントは、僕が苦手だった理科や社会を得意科目に変えてくれました。先生方や教室長の支えもあり、第一志望の高校に合格することができました。トライプラスでは、自分がやりたいことをしながら勉強をすすめることができる環境が整っています。次は中央大学法学部の受験に向けてここで頑張っていきたいです。本当にありがとうございました。

長谷川凱さん・諏訪教室長

志望校合格までは長い道のりでしたが、先生たちのお陰で頑張り続けることができました。
浦野翔さん (高校3年生)
トライプラスに入る前は英語が全くわからず、勉強にストレスを感じていました。受験生ということで焦りもあり、中学校時代に通っていたトライプラスに再度入塾することにしました。トライプラスでは自分のレベルに合った問題を、丁寧に、時には厳しく、理解できるまで教えてもらいました。また、授業担当以外の先生達も大学の授業やサークル、就職活動について話してくれて、大学受験へのモチベーションになりました。自習で自分がわからなかった問題は、常時待機している先生に聞くことによって解決することができ、勉強の効率が上がったと思います。努力の甲斐や先生達の助けもあり、第一志望の大学に合格することができました。志望校合格までは長い道のりでしたが、塾の先生たちのお陰で頑張り続けることができました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

浦野翔さん・諏訪教室長

様々な面でサポートをして頂き、合格する事ができました!
中村快さん (高校3年生)
トライプラスには友達の紹介で入会しました。高校の勉強の難しさに不安を感じていた頃、友達から誘われ入会を決意しました。入って良かったことは、まず生徒一人ひとりにあった授業内容とその進度です。理解できないまま授業が進むということがありませんでした。もう一つは自習スペースで先生方が質問対応をしてくれたことです。また、これまでたくさんの先生方に勉強方法のアドバイスや、メンタルケアなど、様々な面でサポートをして頂いたことが印象深いです。成績が上がった一番の理由は、長期的な計画を立て、実行し、常に現状の分析とそこから得られた反省を次の取り組みで活かす、というサイクルを続けたことだと思います。自分で決めたことを最後までやり抜くことに拘りました。これまで勉強をしてきて実感したことは、短期間で習得した小手先の技術だけに頼ったところでいずれ必ず限界が来るということです。基礎を疎かにするとある段階から成長が止まります。「初心を忘れずに常に励むこと」を続けることが目標への第一歩だと思います。

中村快さん

ページトップへ

トライが選ばれる理由

理解できるまでお子様と向き合う個別指導スタイル
生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
お子様の理解度・到達度が分かる学習プログラム
授業のない日も自由に自習できる演習エリア
繰り返し見る事のできる映像授業「Try IT」
単元別学習・苦手克服ができる演習プリント/オリジナル教材

入会までの流れ

flow

受験情報

最新の受験情報や効果の高い学習法を提供する、トライ教育情報センター
トライ教育情報センターでは、日本全国のあらゆる地域に密着した最新の受験情報をご家庭に提供しています。
さらに、これまでに培ってきた指導データに加え、
全国の家庭教師、教育プランナーから常に情報を収集・分析を行い、
一人ひとりに最適なカリキュラムの作成や効果の高い学習方法を研究しています。
高校だけでなく、中学・大学受験情報も提供しています。
詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。

ページトップへ

  • お近くの教室情報はこちら

    北海道・東北

    信越・北陸

    近畿

    四国

    関東

    東海

    中国

    九州・沖縄

  • 家庭教師のトライ 個別指導塾 トライ式高等学院

ページトップへ