個別指導塾のトライプラスの
保谷校 教室
見学可

  • お問い合わせ電話番号
  • 資料請求はこちら

東京都 練馬区 保谷校 の基本情報

住所
〒178-0064
東京都 練馬区南大泉1−48−3−2F
最寄り駅
西武池袋線 保谷駅 保谷駅南口より国道25号線を大泉第二小学校方面に徒歩9分。小学校の先、南30メートルほど。トライさんの看板が目印です。
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 彦坂 好郎
保谷校の教室長から皆様へ
■ 教室長より ■ 
すべての人は偉大なる可能性を秘めている。私は常にそう信じています。
しかし現実では多くの集団の中で自信を失い、本当はだめなのではないか。そんなあきらめの中で生きているお子様が少なくありません。個別指導塾トライプラス保谷校では、ここ保谷・大泉において、そんなお子様の可能性を最大限に伸ばすことを第一に考え、日々子どもたちに接しております。教室では、優秀な教師とともに、熱い活動が日々展開されています。また「成績が伸びない」「集中して勉強できない」など、多くの悩みを抱えた方々が教室へお話をしに来ています。あなたも夢の実現に向かって活動を始めましょう。すでに多くの子どもたちがここで、結果をどんどん出しています。「こんなに勉強させてくれる塾はない!」そんな言葉が子どもから、保護者から寄せられています。

■トライプラス保谷校とは■
あなたにはどんな夢があるでしょうか。
世界で活躍をするような夢を手に入れることが出来るのは、テレビの中の一部の人たちだけではありません。私は「夢への思いが強い人が、その夢を実現する」のだと思っています。「あなたも努力しだいで今ある夢を実現できる」トライプラス保谷校は、そんな思いを共有したスタッフが集まった学び舎です。常勤スタッフ全員が、笑顔と暖かさと優秀な指導で、きめ細かくあなたをサポートし続けます。「真の個別指導とは何か」そんなことをこの教室で、体験していくことになります。
 
■夢の実現に向けて■
まず日々の学習習慣が何より大切です。教室長をはじめ担任教師により日々検討改善した生徒別カリキュラムに加え、毎授業の習熟に応じ、各自の自習をプラニングしていきます。また、家庭教師のトライが開発した完全教科書準拠型映像授業「try it」、「eナビゲーション映像授業」を利用し、受けていない教科の予習・復習・課題解決をすることが可能です。ここでは「家や図書館とは別次元の、他と競いながら、管理された計画的な自習」が可能なため、正しい学習習慣が身につき、「設定目標に向けた得点UP」が可能です。学力は、ただ漠然と学習をするだけでは伸びていきません。個に応じた適切なカリキュラムとアドバイスがあってはじめて、伸び始めていきます。私たちは、まずお子様の性格にあった担任を選定し、目指した目標に向けて適切なアドバイスを与え続け、成績向上につなげてまいります。
 
将来、多くの人々に勇気を与える人。そんな人物を、日本だけにとどまらず、世界が待っています。一度の人生です。まずは夢を見つめ、そんな人を目指してみてください。そして夢を夢で終わらせず、ぜひ今日この時から夢を、「現実的な目標」として捉えていきましょう。具体的な戦略は、私たちが立てます。私たちと一緒に、実現させていきましょう。

私たちは、塾生一人一人を家族のように大切に思い、ともに活動をしています。
集団の中でたくましく生きる自信がつくまで、私たちはこの教室で、優秀なスタッフとともに、子どもたちを全力でサポートしています。

教室直通電話 03-6904-4413(15:00〜22:00まで、教室長が受け付けております)
保谷校の教室の様子
保谷校の生徒が通っている小学校、中学校、高校(累計)

生徒が通っている学校例
【小学校】

関町北小学校、大泉第二小学校、東小学校、碧山小学校、栄小学校、東京学芸大学付属大泉小学校、白百合学園小学校、武蔵野東小学校、保谷小学校、西武文理学園小学校、新座市立池田小学校

【中学校】

大泉中学校、大泉第二中学校、大泉西中学校、関中学校、谷原中学校、開進第二中学校、明保中学校、富士見中学校、十文字女子中学校、吉祥女子中学校、白百合学園中学校、城西大学付属城西中学校、西武文理学園中学校、コロンビアインターナショナルスクール

【高校】

都立日比谷高校、都立清瀬高校、都立保谷高校、都立石神井高校、都立文京高校、都立板橋高校、都立田無高校、中高一貫都立大泉高校、都立富士高校、東亜学園高校、松蔭高校、日本大学桜丘高校、クラーク国際記念高校、大島海洋国際高校、国学院久我山高校、十文字学園高校、富士見高校、豊島学院高校、狭山ヶ丘高校、所沢中央高校、錦城高校、新渡戸文化高校、本郷高校、早稲田実業高校、豊南高校、東京電機大学付属高校、武蔵野女子学院高校、独協大学附属高校

保谷校の生徒の進学先

中学校
東京学芸大学付属竹早中学校、法政大学中学校、浦和明の星中学校、明治学院中学校、西武文理学園中学校、星野学園中学校、日本大学第二中学校

高等学校
都立上野高校、東京電機大学付属高校、専修大学高校、大成高校、白梅高校、目白研心高校、杉並学院高校、明治学院高校、駒沢大学高校、郁文館高校、保善高校、都立駒場高校、日出高校、都立文京高校、都立清瀬高校、都立井草高校、都立石神井高校、都立武蔵丘高校、都立光が丘高校、都立大泉桜高校、都立荒川工業高校

大学
早稲田大学、立命館大学、青山学院大学、武蔵大学、学習院大学、法政大学、近畿大学、目白大学、日本大学、駒澤大学、平成帝京大学、昭和女子大学、共立女子大学、日本赤十字看護大学、工学院大学、京都産業大学

通塾エリア・最寄り駅

生徒が住んでいる最寄り駅・エリア例
西武池袋線大泉学園駅・保谷駅、石神井公園駅、東久留米駅  西武新宿線武蔵関駅、東伏見駅  都営大江戸線 光が丘駅
練馬区東大泉、西大泉、南大泉、関町北、石神井台、谷原、西東京市泉町、東町、中町、下保谷町、富士町、新座市池田町、東久留米市本町などのエリアから勉強に来ています。

東京都 練馬区 保谷校のコース紹介

人気コースランキング
小学生
中学生
高校生
1勉強の習慣づけコース 1数学特訓コース 1赤点脱出コース
2進学塾サポートコース 2英語長文対策コース 2内部進学対策コース
3小学校国語算数特訓コース 3理科・社会対策コース 3センター対策理社特訓コース
その他の人気コース
小学生

内部進学対策コース
(通年で数回内部進学テストが実施される学校があります。日頃の高度な学習範囲からの出題に対して、中学受験レベルの対策をしていきます)
中学先取り準備コース
(希望により英語も始めていきます。数学や国語を中心に中学の学習内容を先取りし、小学校で「何を落としているのか」を確認し、ひとつ上のレベルに到達させていきます)
理科社会特別養成コース
(理科社会は、何よりも好きになることが一番重要です。基本的な内容から中学の範囲まで、実力に応じて学んでいきます)

中学生

都立推薦入試集団面接対策コース
(都立の推薦入試では、集団面接は避けて通ることは出来ません。ここ保谷校では個別という利点を生かして、マンツーマンで面接指導をしていきます)
都立一般理科社会受験対策コース
(都立一般受験の理科社会を中心に対策を立てていきます。都立一般受験の理科社会の勉強は、勉強方法が分からずに苦手意識を持つ生徒が多くいます。「資料をどう読むか」をヒントに、理社の受験対策を進めます。)

高校生

高校古典漢文必勝コース
(古典、特に漢文を苦手とする高校生を多く見かけますが、学ぶべきポイントをつかみ、押さえるところを押さえていけば、誰にでも得意科目にすることが出来ます。トライプラスで苦手意識をなくしていきましょう。優しい先生が待っています)
理系数学?トライコース
(理系数学で落ちこぼれてしまっている単元はありませんか?優秀なスタッフが個別で指導していきます)

ページトップへ

campaign

新着情報

2017-11-04 
保谷校オリジナルキャンペーンがはじまります
「冬期講習4コマ(週1回の1か月分)無料 さらに1教科に限りテキスト無料贈呈」キャンペーンを実施します。(※12月31日までにお問い合わせの方で、継続3ヶ月以上の契約に限り)

 
トライの全国模試で英語100点全国NO.1が出ました。そして、その他多くの生徒たちが好成績を残しています。そこで保谷校では、より多くの方々に私たちの活動を体験いただきたいと願い、今回「保谷校オリジナルのキャンペーン」を企画しました。「冬期講習4コマと体験授業」が無料ですので、5コマ無料(実質1ヶ月分を越えた無料設定)となります。12月31日までにお問い合わせを頂いた方々が対象です。お気軽にお問い合わせをください。保谷校では、電車を利用してまで通塾し東大を目指してがんばっている高校生や早稲田大を目指している生徒が、部活動後、毎日自習で汗を流しています。中学受験の生徒は、毎日16時を過ぎる頃には自習室に駆けつけ、がんばります。中学生は言うまでもありません。多くの生徒が「飛び級」に入り、一つ上、またはその上の学年のテキストに入っています。
 
トライプラス保谷校の学習は 「なぜそれが可能か」

○「暗記方法」をはじめとした学習方法を、日々学び、日々改善しています。
○学習内容や学習教材を、志望校や目標にあわせ、個々に決めてカリキュラムを作成しています。
○集団ではありませんが、「競争体験」があふれています。
○なので皆、勉強を「楽しんで」います。
○週6日自習に行けます。
○自習ではどの教科の学習活動も可能です。
○質問は、いつでも自由に、全く気を使うことなく、することが出来ます。
○中学入試や大学受験の「どの最難関校に向けた質問でも」、自在に質問が出来ます。
○トライオリジナルの映像授業や入試問題などの学習プリントを、自由に活用できます。
○つまり受講した予算で、全教科の学習をしています。
○すばらしい先生がたくさんいます。(理科・数学のプロの先生1人、社会科のプロの先生1人、この人たちは実際に中高で数学・理科・社会のテストを作成し、成績をつけ、進路指導をしていた人たちです。英語のプロ1人。この先生は日本人ですが、英語を軸として世界で貿易活動を長年統括してきた英語のネイティブです。小学生を教えるプロ。この人は、長年小学生の「学習が苦手な子どもを得意にする活動」に携わってきたプロです。小学生だけでなく中学生にも、絶大な人気を得ています。その他、東大の学生3名。まだまだ他にもすごい先生がたくさんいます。一度いらっしゃると分かると思いますが、保谷校は築40年のすごい建物の2階にあります。が、地域NO.1の教育を目指し、日々学習を楽しんでいます)
 
(お気軽にお問い合わせ下さい。 教室直通 03-6904-4413  教室長 彦坂好郎   平日15:00〜22:00 土曜日13:00〜22:00)
 
 
2017-11-03 
保谷校奮闘記7  「トライ模試 英語100点満点 偏差値70.3(全国1位)」
トライの全国模試で英語100点全国NO.1が出ました。今中学3年生は、12月の成績が決まる最後のテストに向けて、最善を尽くしている最中です。そして保谷校ではここのところ、定期テスト対策に「英語の暗唱」を取り入れ、気合を入れています。皆さん、覚えることは苦手ではないですか。大丈夫です。以下、最近の保谷校の得点を紹介していきますが、30点アップがたくさん出ています。勉強には方法があります。多くは、はじめは勉強が苦手な生徒ばかりです。しかし、分からなくなったところまでさかのぼり、一つひとつ理解をし、学習方法を「0から」繰り返し学び、皆、自信をつけ始めます。はじめは皆、「苦手からのスタート」なのです。自信がなくてもやる気があれば大丈夫。私たちが一つひとつ、得意教科にしてみせます。
 
 
さて、最近の得点を紹介してみます。これは上位デビューを果たした生徒の得点です。
 
高校の部
高1英語 定期テスト92点 世界史96点
高2生物 定期テスト100点満点(出ました)
高3国語 河合マーク模試 現代文90点 偏差値70.1(26.2アップ) 
英語 河合マーク模試38点アップ(31点からのスタート。今、明治大学を目指しています)
高校生は、1年生から最難関を目指して遅くまでがんばっています。中でも日比谷高校の生徒などは、電車を利用して保谷校にやってきます。夢は「東大合格」。私たちは、まずは「学年1位」を狙います。
 
中学の部
中3英語 定期テスト31点アップ
  社会 定期テスト38点アップ 28点アップ 
  数学 定期テスト91点、44点アップ、31点アップ2人、33点アップ2人
  英語 定期テスト96点、44点アップ41点アップ 
V模擬  26点アップ
  理科 定期テスト37点アップ 34点アップ
  国語 定期テスト33点アップ 31点アップ 24点アップ 
  理科 定期テスト35点アップ
中2英語 トライ模試77点偏差値60.0(3月の学年末テスト36点からの挑戦でした)

中1英語 定期テスト96点、理科100点、社会94点、理科95点
     トライ模試100点偏差値70.3(全国1位)
数学 トライ模試数96点偏差値68.0 
   トライ模試偏差値60.8(偏差値45.0からの挑戦でした)
  国語 トライ模試偏差値56.0(偏差値38.0からの挑戦でした)
学年3位(明治学院中学校)  
 
小学の部
小5算数 トライ模試偏差値20アップ
小6国語 首都圏模試45点アップ(偏差値66.0)、トライ模試偏差値20アップ
  算数 トライ模試68点アップ(偏差値23アップ)
  理科 トライ模試21点アップ
 
 
(お気軽にお問い合わせ下さい。一緒に学習や将来のお話をしましょう。 教室直通 03-6904-4413  教室長 彦坂好郎 平日15:00〜22:00 土曜日13:00〜22:00)
 
2017-09-16 

速報 大泉第二中学校 3年生 数学91点(50点からの41点アップ)

定期テストで「90点台」を取る生徒はいます。が、ついに50点台からのスタートだった数学苦手の生徒も、90点越えを果たしました。41点アップです。いよいよ保谷校のシステムで「定期テスト90点があたりまえ」という世界が目の前に迫ってきています。ここでは、テスト範囲の学習を「いつまでに何と何を終らせるか(2つではありません)」「いつまでにそれらを何回繰り返すか」「直前には何をするか」「テスト当日には何を意識するのか」について、すべての先生方で意思の疎通をはかり、生徒に実行させていますしかし一番重要なのは、自習をやりまくること。自習をやりまくらなければ、それらの課題は終りません。そのために必要なこと。それは「自習を楽しむ」こと。楽しむためには、「分からないことを即解決させる手立て」がそこになければなりません。連日、自習室には熱気がみなぎります。場違いに友達同士でおしゃべりし始める「自習室初心者」の中学12年生たちも、教室長に、ばしっと注意され、「自習を楽しむ」面々に変身していきます。今や皆がライバル。小学生が、高校生が、中学生が、違う学校の違う学年が、何かに競って今日も気合を入れています。

そして今一番がんばっているのは、高校1年生か。中高大学それぞれの受験生もがんばっていますが、非受験生にもかかわらず大学受験生と同様にがんばっているのは、高校1年生。それぞれ目指す第一志望大学を掲げ、猛烈に自習を進めています。

2017-09-04 

中学受験スペシャル  「君は回っているか」

中学受験を目指す子どもたちの中で、国語のいわゆる「字数制限の記述問題」を空欄のまま授業に臨む「国語嫌い」の生徒はたくさん。「個別で鍛えたい」と、心機一転入塾をした5年生も同じタイプでした。よく見ると、記号問題もおおかた当てずっぽう。その時まで「頭で考える作業」をしないまま、答えが出るのを待っているだけだったようです。しかしここでは、自分が答えを出さなければ前へ進めません。

まず与えられるのは、ヒントと、「なぜそう考えたのか」という質問だけです。

生徒自身がヒントをたよりに、解答を得るための根拠を思考して見つけ出さなければなりません。知識は思考が回り始めてから与えられます。最初は「・・・」。しかもその時間も、考えているようで「ぼー」っとしているだけがほとんど。みなさんはいかがでしょうか。実は考えているつもりが、「ぼー」っとしているだけということが多々ありませんか。「聞かれていることは何。その根拠はどこ」という小さな根拠探しを「あーでもない、こーでもない」と、間違いを怖れずにばんばん発言してみる。その機会を多く得ると「とんでもない間違いを発言しても大丈夫なんだ」という安心感が生まれます。そしてそれを繰り返して初めて、子どもの思考は回り出します。思考を回す。そう、脳を動かす思考がはじまれば、知識は「関連の知りたいこと」に変わります。子どもたちはこの段階で、意欲的に知識を習得し、またさらに考えるようになっていくのです。

皆さんの思考は、回っていますか。

成績が悪いのは、出来が悪いからではありません。思考が回っていないだけなのです。記述問題が空欄の例の生徒は、進んで解答を記述しています。とんでもない答えを発言することもあります。しかし「ぼー」っとしている時間はありません。とても大切な視点「何を考えなければならないのか」を考える力が、つき始めています。(中学受験を考えている皆様 一度お話にいらっしゃいませんか。保谷校では、徹底して思考を鍛えています。 教室直通 03-6904-4413  トライプラス保谷校です)

2017-08-29 
保谷校奮闘記6 「4年生からの英語ってどんな?」

2020年の大学入試改革を前に、今後直面する学力面での主なる課題は、英語であると考えています。読む、書く、聞く、話すの4技能を総合的に「いかに育成するか」が課題となるでしょう。「話せる英語」で、どう実力をつけていくか。「英語で古典を話し合う」ほどの技能を将来的にどう養うか。保谷校ではこんなことを念頭に、現在企画・検討を進めています。
 
私たちの学習をしている保谷・大泉学園地域では、「英語学習のニーズ」が非常に高くなっています。英語学習を希望する生徒は、小学4年生5年生が増加中です。皆、次々に難しい内容に移っても、わいわいゲラゲラ、楽しむことをやめません。なぜって、はじめてですから、何が難しいのかも分からないのです。この時期を生かさない手はありません。さて、その学習内容はというと、(   ) is the tenth month of the year. / My brother likes tennis , so he is in the tennis (   ) at school. / Can I have some fruit now, Mon?  No. (   ) your milk first,Alison.   こんなことを小学4年生も、元気よくやっています。もちろんABCがはじめての生徒には、アルファベットから学習します。そして上記のレベルの学習では、「必要な単語、必要な文法を、必要な場面で、繰り返し」、そんなことを大切に進めています。書くこと優先ではなく、「口に出して」そして「楽しむ」を優先で。そんな活動を計画的に進めていきます。皆、勉強という概念を超えて、むしろ楽しい遊びをしている域で、猛烈な英語学習をしている最中です。
 
例年10月そして1月に英検が実施されています。小学6年生で英検5級。これはスタンダードコースです。小学6年生の皆さんは、「5級を中学生になる前に」という目標を設定し、がんばります。さらに今、にわかに急増中が4年生5年生からはじめる英検5級です。興味のある方は、早くやるに越したことはありません。一緒に英語をわいわい楽しみましょう。
( 教室直通 03-6904-4413  トライプラス保谷校です )
 
2017-08-19 

保谷校奮闘記5   「受験は団体戦」

「受験は団体戦」。保谷校では、個別教室ではありますが、よくこんな声をかけています。その日の自習も終わりを迎える夜遅く、「あーー」と、伸びをしながらもれる高校生の声。自習室の緊張が解ける時間です。同じ学校同士ではありませんが、今は同じ目標を持つ仲間たち。たまたま2:1で一緒になったり、自習室で隣になったりして広がった努力の輪。生徒は皆、ライバルであり、よき同士です。全員が全員語りかけるわけではありません。しかし、心はつながっている。個別教室ではありますが、私はいつもそう感じています。

 

「受験は団体戦。話したいことは話す。聞きたいことは何でも聞く。最善を尽くす仲間だから、皆で戦う」私たちはそう、生徒に伝えています。

「よい勉強方法を伝え合う。効率の悪い勉強を指摘しあう。数学の考え方の何気ないヒントを交わす」実はこれは、相乗効果を生みます。ぴんと張り詰めた緊張感の中で、けじめのある意見交換はお互いのゆとりややる気を生み、必要な「自信」が体内に生まれます。

 

毎日の課題は山ほど。それを懸命に乗り越えていく生徒たち。同じ姿勢のまま、1時間や2時間はあっという間に過ぎていきます。基本は、13時22時。勿論途中休憩や食事タイムを挟んでいますが、一度集中すればたちまち時が過ぎていく生徒たち。高校12年で飛び級を目指し、進めるだけ進んでいる生徒。部活部活でほとんど勉強をしないまま保谷校に駆け込んできた生徒。現役で大学に合格したものの志望校に合格できなかった浪人生。自転車で20分以上かけてやってくる生徒。東久留米から電車で駆けつける生徒。同じ学校ではありませんが、ともに最善を尽くし、ともに負けたくないと願う同士達です。合言葉は「根拠のない自信」。自習室では、そんな高校生を横目に、さらに気合いの入る小学生・中学生が、先輩たちの背中を追いかけます。

最近では、高校生のお問い合わせが多くなっています。部活が忙しく、気がつくと「高1の最初から分からない!」という生徒がたくさんです。可能性は無限です。しかし大学を考えている方は、早いうちにゼロから学びなおし、大学受験への活動をなるべく早く始めるべきだと考えています。( 教室直通 03-6904-4413  トライプラス保谷校です )


 

2017-08-05 
保谷校奮闘記4      1学期総集編

大変遅くなってしまいました。この夏は大変反響をいただきました。そして、「この夏、何をすべきか」という本人やご家族との話し合いに追われて、今日まで日が過ぎてしまいました。しかし夏の講習もひと段落を迎え、最近の奮闘記をまとめる時間を得ました。少々紹介をさせていただきます。
 
数学98点(75点から23点アップ)・・・・関中学校中学3年生1学期期末考査
「おしい!」あとひとつで100点。しかし、よく努力をしました。80点以上からは、「考えること」を重視しました。「常に考える」。80点以上からは、「完璧」を目指し、答えを出す際に「これでいいのか」を、繰り返し繰り返し考えました。この作業は、思考のスピードを生みます。「5」を目指す世界は、「完璧」を目指した「スピード」が要求されます。「常に考える」とは、「答えを導き出す過程」を探すのみの作業ではありません。「答えを導き出す過程」を「どう完璧に遂行するか」を考えるのです。この生徒は、この夏、日々猛烈に考えています。
 
英語99点(81点から18点アップ)・・・・明治学院中学校1年生1学期期末考査
今教室では、「飛び級」を合言葉に、皆、がんがん進んでいます。この生徒も勿論、半端なく進んでいます。皆なぜこれが出来るかというと、勉強をレクのように進める「明るさ」があるからだと思います。私たちは、激しい課題を皆に与えていきます。しかし生徒たちはさらに、「この課題を自習でやって、その次のテキストを授業で進めばどうですか・・」と半分を過ぎたテキストを見て、「ここからここまでは自分で出来ます。だから次のレベルのテキストをください」と、言い出します。担任が笑って次のテキストを渡します。生徒は「笑顔」で次のミッションを開始していくのです。
 
しかし、誰もがはじめからそれが出来るわけではありません。
上記の生徒は、1年前、偏差値45の小学生でした。
では、どうやって「レク」のように勉強をやるようになるのか。以下、ヒントになる例を紹介してみます。
 
50点アップ
数学が6点だった生徒が、2ヵ月後に56点を取りました。50点アップです。
大泉第二中学校の3年生です。ずっと数学の成績が「1」だった生徒でした。が、がんばりました。期間もわずか2ヶ月。保谷校の担任の先生と毎回作戦を立て、わからないところをどこまでも、時には小学生までさかのぼってがんばりました。手段は、「分からないところまで戻る」こと。妥協せず、どこまでも、分からないところまで、必要なところまで、必ず戻ること。たとえ中学3年生であっても、小学校の分からないところまでさかのぼることが、何よりも重要です。そしてそこが分かったとき、今まで感じたことのない喜びを生徒は感じていきます。そして勉強で感じた喜びは、「もっともっと」と、癖になります。あとは子どもたちが自分で多くの課題を求めるようになります。この生徒、3年の1学期に「3」になりました。12月の最終成績で「4」を目指します。
 
教室のお話に来ませんか。「わが子のぜんぜん勉強をしない話」「進路の話」「小学生の英語の話」 最近、教室にアポなしでお寄りいただく方がたくさんいらっしゃいます。ありがとうございます。是非、皆様も、お気軽にお越しください。「勉強の楽しいお話」が、たくさんあります。( 教室直通 03-6904-4413  トライプラス保谷校です )
 
2017-06-03 

定期テストの準備は出来ていますか?

大泉第二中学校をはじめ、関中学校、大泉中学校、大泉西中学校、明保中学校などトライプラス保谷校近隣の中学校では、6月20日前後より期末テストが始まります。あと約2週間弱と迫っていますが、準備は出来ていますか? ほとんどの学校で9教科実施です。そこで今回は、大切なテストに臨むにあたって大切な考え方を再確認してみたいと思います。まず一番重要なことは、「内申で倍の数値に変わる実技4科には、しっかりと対策を立てて臨むべきである」ということです。2週間ちょっとしかありません。実技教科をしっかりと念頭においておかないと、実技教科で目標点を取ることはまず不可能になります。そしてその上で重要なことは、目標を設定することです。今のままの成績だと、高校受験はどうなってしまうのか? このことを真剣に分析し、来るべき期末テストに何点以上取らなければならないのかを、絶対目標として掲げることです。この2つがなければ1学期の成績は、今までと同じになります。目標を決めたら、絶対実行すると心に決めて、実行することです。後は学校の教材を徹底的に学習し尽くすことですね。それでは最後に、成功(目標をクリアし成績を上げること)につながる考え方を紹介します。それは「勉強を楽しむ」ということです。やらされてる感がある人は、そこから変えなければ、今までと同じ結果になりかねません。 さあ、あと2週間ちょっとです。最大限の努力をしようではありませんか。私たちは、勉強を楽しむものたちに最大限のアドバイスを提供し続け、皆で勉強を楽しんでいます。(次回以降で、がんばった人たちの得点などを紹介していきます。すごいことになっています)

2017-05-12 

保谷校奮闘記3

高校生 現代文の特訓中

「・・現代文の勉強方法、知っていますか? 現代文は暗記教科です 」

現代文の勉強。どうすれば成績が上がるか知っていますか?・・めきめきと。「現代文は暗記教科」これが、キーワードです。志望の大学に合格するべく「国語」の学習を進めている高校生は3年生を中心にたくさんいると思います。が、大学受験の勉強はとりあえず主要教科の英語(または数学)だけの人。つまり、国語は何をしていいのか分からないから、「とりあえずやらない」。そんな高校生のほうが多いのかも知れませんね。そして現代文の受験勉強をがんばっているという人の多くも、成績が上がるとお墨付きの「テキスト」をがんばる。こんな学習をしている生徒が多いのではないでしょうか。「現代文の勉強は、方法がよく分からない」そんなところだと思います・・。現代文の学習では、どんなにテキストの長文演習量をこなしても、現代文の成績は上がりません・・。現代文の学力を上げるためには、全国的に優秀な受験生に太刀打ちできる「語彙力」を身につけることが必要なのです。目指す大学のレベルが高ければ高いほど、その「語彙力」のレベルアップが必要となります。もちろん読解のノウハウは重要です。しかしそれだけではどうにもならないということを早くから押さえた上で、現代文学習の特訓を進めるべきです。現代文読解力は早々には伸びない。「ただひたすら特訓あるのみ」。そんな言葉を受けながら、今日も高校12年生、3年の受験生ともども、自学が進んでいきます。がんばれ高校生。熱い戦いが続きます。

2017-04-28 

保谷校奮闘記2
新学期の体育は「持久走」。
勉強どころではなく、疲れています

この日、青い顔をしながらやってきたのは中学2年生のバドミントン部女子3名。部活がきついのと、日中の体育の授業が持久走だったということで、へとへと・・。しかしさすがは中学生。持ってきた糖分補給のお菓子をほうばり、そのうち元気になると、大学受験生と同じ時間まで自習を続け、元気よく家路につきました。学習した教科は英語と数学です。学校の成績は、中の中・・。しかし今ではテキストをぐんぐん進め、4月末現在、新学年のテキストで学校の1学期分ほどの量を進んでいます。成績を上げるために必要なことは、「いかに自学を徹底して進めることが出来るか」にかかっています。そのためには、「何を、どのくらい、どうやってし続けるか」を、確実に安心できる方向で確定しなければなりません。「よし、これをこのやり方で、突き進めば成績が上がるんだな!」という安心感が、自学を突き進めていきます。ここでは、日々、全員の学習方法の修正と学習内容の精選をアドバイスし続けています。がんばれ中学生! 小学生も高校生も、負けるな〜!

イベント・お知らせ情報

保谷校オリジナルキャンペーン

保谷校オリジナルキャンペーンとして
「冬期講習4コマ(週1回の1か月分)無料 さらに1教科に限りテキスト無料贈呈」キャンペーンを実施します。
(※12月31日までにお問い合わせの方で、継続3ヶ月以上の契約に限り)
 
トライの全国模試で英語100点全国NO.1が出ました。そして、その他多くの生徒たちが好成績を残しています。保谷校では、より多くの方々に私たちの活動を体験いただきたいと願い、今回冬期講習の時期に「保谷校オリジナルのキャンペーン」を企画しました「冬期講習4コマと体験授業」が無料ですので、「5コマ無料(実質1ヶ月分を越え無料となります)」で、トライの学習活動を体験することができます。今回は、1教科に限りテキストも無料贈呈です。是非この機会に、保谷校の活動を体験ください。高校生では、電車を利用してまで通塾し東大を目指してがんばっている生徒、早稲田大を目指している生徒が、部活動後、毎日自習で汗を流しています。中学受験の生徒は、毎日16時を過ぎる頃には自習室に駆けつけ、がんばります。中学生は言うまでもありません。多くの生徒が「飛び級」に入っています。
 
トライプラス保谷校の学習は 「なぜそれが可能か」

○「暗記方法」をはじめとした学習方法を、日々学び、日々改善しています。
○学習内容や学習教材を、志望校や目標にあわせ、個々に決めてカリキュラムを作成しています。
○集団ではありませんが、「競争体験」があふれています。
○なので皆、勉強を「楽しんで」います。
○週6日自習に行けます。
○自習ではどの教科の学習活動も可能です。
○質問は、いつでも自由に、全く気を使うことなく、することが出来ます。
○中学入試や大学受験の「どの最難関校に向けた質問でも」、自在に質問が出来ます。
○トライオリジナルの映像授業や入試問題などの学習プリントを、自由に活用できます。
○つまり受講した予算で、全教科の学習をしています。
○すばらしい先生がいっぱいいます。(理科・数学のプロの先生1人、社会科のプロの先生1人、この人たちは実際に中高で数学・理科・社会のテストを作成し、成績をつけ、進路指導をしていた人たちです。英語のプロ1人。この先生は日本人ですが、英語を軸として世界で貿易活動を長年統括してきた英語のネイティブです。小学生を教えるプロ。この人は、長年小学生の「学習が苦手な子どもを得意にする活動」に携わってきたプロです。小学生だけでなく中学生にも、絶大な人気を得ています。その他、東大の学生3名。まだまだ他にもすごい先生がたくさんいます。一度いらっしゃると分かると思いますが、保谷校は築40年のすごい建物の2階にあります。が、地域NO.1の教育を目指し、日々学習を楽しんでいます)
 
(お気軽にお問い合わせ下さい。学習や将来などについて一緒にお話をしましょう。  教室直通 03-6904-4413  教室長 彦坂好郎
平日15:00〜22:00 土曜日13:00〜22:00)
 

参加ご希望の方はこちらから

下記の必要事項を記入の上、ご応募下さい。記入が終わりましたら、「送信する」ボタンを押してください。
また、ご入力いただく前にプライバシーポリシーをお読みください。

ナビゲーション(1.必要事項の記入)

お名前

※全角でご記入ください。(例:トライ 太郎)

電話番号

※半角数字でご記入ください。(例:03-5211-3322)

学年

※全角でご記入ください。(例:中3)

メールアドレス

※半角英数字でご記入ください。(例:xxxxxxx@xxxxx.co.jp)

送信にあたっては「プライバシーポリシー」に同意いただけたものとし、
参加申し込みは保谷校宛に送信されます。

campaign

ページトップへ

保谷校の講師紹介

保谷校自慢の教師陣です。こちらの教師たちが実際にご指導に当たらせていただきます。教師たちの生の声をお聞きください。

石高 裕希拡大

石高 裕希

難関中学受験から超難関国公立大学受験まで、どの教科でも対応可能なオールラウンダー教師。時には塾の時間が終わってからも「相対性理論」について語り合う「つわもの」として、絶大なる信頼を得ています。どこを目指している方も、お任せください。やんわりと成績を上げていきます。

本間 冴子拡大

本間 冴子

「学校の授業が分かるようになると、勉強が面白くなり、難しい問題にまでチャレンジしてみたくなります」と常日頃から話すのは、本間先生。小学生から高校生にまで、能率の良い勉強方法を伝授して、今日も勉強の楽しさを広めます。あなたの苦手な教科を得意にしてみせます。

平子宗太郎拡大

平子宗太郎

勉強が苦手な子どもたちに「勉強を頑張りたいと思えるきっかけを作ってあげたい」そう話すのは、平子先生。「どんなに成績が悪くても、訓練しだいでどこまでも伸びる」そう信じて、子どもたちの成績をめきめきと上げていきます。中学受験から大学受験までなんでも対応します。

藤田 琢斗拡大

藤田 琢斗

「難関中学受験から超難関国公立大学受験まで、どんな生徒さんでもお教えできます」と広く門戸を構える、理系専門スーパー教師。最難関受験を潜り抜け、つらい受験の世界を熟知しています。「真剣に、それでいて楽しく」夢を現実のものとして、一緒に手に入れていきましょう。

岡田 弘毅拡大

岡田 弘毅

「勉強は楽しくないと続かない」そんな信念で生徒と関わり続けるのは岡田先生。「課題の分野でも生徒が興味を持てる授業を提供する」そんな真摯な姿勢に根強い人気が集まります。理系専門に大学受験生までしっかりとサポート。科学のわからない生徒、得意科目になりますね。

中嶋 泰希拡大

中嶋 泰希

「中、高、大学で言語を深く学んだため、英語には自信があります」と語るのは中嶋先生。早稲田大学の入試で満点を獲るなど、生徒から絶大な信頼を誇る英語のスペシャリストです。楽しい授業を心がけ、短い期間でも点数と成績をグンと上げることをモットーとしています。

檜垣 寧宏拡大

檜垣 寧宏

「私は小さな頃から文武両道をモットーとして活動しています」という檜垣先生。勉強だけではなく、部活動や学校生活での悩みも親身に聞いてくれます。中学受験から大学受験までの英数を中心に、世界史他多くの科目に対応し、今日も生徒のやる気を引き出していきます。

日野 綾乃 拡大

日野 綾乃 

「生徒さんのわかった時の喜びを共有したいです」と常日頃から話す日野先生。理解するまであらゆる角度から説明するという理念を持ち、緻密な思考方法で国語読解文や古典の課題を論理的に解決し、成績を引き上げていく国語のスペシャリスト。大学受験までの文系ほぼすべてを網羅する指導力の持ち主。

青木奈津子拡大

青木奈津子

「授業は生徒とのコミュニケーションの場である」と話すのは、青木先生。常日頃から子どもたちとの会話で、どんな些細な質問も逃さずに聞き、不明点が解消できるまで、とことん説明しています。小学生から高校生まで、苦手な生徒をできる生徒に、次々と変えていきます。

生徒の体験談

努力が結果として表れた志望校合格! 夢に向かって大きく成長していきたい
岩津奈々美さん (高校3年生)
トライプラスを始める前に困っていたことは、大学入試対策、英語長文の読解など、具体的な勉強法です。トライプラスに決めた理由は、友人から授業を受けている科目以外でも、アドバイスをもらったり質問できると聞いて、気軽に質問したりできる環境だと思ったこと、夜の22:00以降も開いていて集中して自主学習にとりくむことができること、体験授業で丁寧に分かりやすく教えて頂いたことです。 数学の藤田先生には、自分の苦手としていた図形の問題や宿題で分からなかったところを中心に教えてもらいました。また、これからどの分野を中心に取りくんだ方が良いなどアドバイスももらいました。授業はたのしくて質問も気軽にできました。英語の中嶋先生とは、私大の長文やセンターの長文などを中心にやりました。私は長文を読むスピードが遅かったのでもっとはやく読めるよう文法や文の構造などを丁寧に教えてもらいました。トライプラスの授業で良かった点は、直前に過去問などからすべきことをピックアップしてくれるなど、大学入試やセンターに向けて勉強法のアドバイスを下さったり、応援して下さったり、時には厳しく指導して下さって「もっと頑張らなきゃ」というやる気を引き出してもらったことです。数学では応用問題に対して理解しやすいように教えてもらったり、どうすればよりはやく、正確に答えを導き出せるのか教わりました。 スタート後の定期考査の成績は、スタート前に比べて英語プラス45点、数学プラス42点アップしました。成績の上がった一番の理由は、英語は文法・英単語の量が圧倒的にふえたこと、長文を読むのがはやくなったことで、過去問・ワークをくり返しといて長文読解のスピードを上げました。数学は、ワークをくり返し解き、苦手分野をなくすようにしたり、応用問題も早く正確にとけるようにいろいろな問題を解きました。合格したときの気持ちは、今まで努力してきた事が結果として表れて本当に嬉しかったです。応援・協力して下さった先生方にはやく伝えたいと思いました。合格までの道のりで一番がんばったことは、苦手とする英語の長文をはやく読むために赤本で出来るだけ多くの英文を読むようにしました。数学ではワークをくり返し解いて苦手分野をなくしつつ得意分野を伸ばすように頑張りました。合格までトライプラスだけでした。 将来の夢は看護師になることです。大学で、海外に行って学んだり、ボランティア活動をしたり、様々な経験をして人間としても大きく成長していきたいです。 受験生のみなさんへ。「頑張っているはずなのに成績が伸びない」であったり「この勉強方法をつづけて成績伸びるのか」であったりとたくさん悩むことがあると思います。ですが私は「続ける事」が本当に大切だと思います。特に英語などは結果として表れてくるのは遅いですが、必ず伸びてきます。なので、最後まであきらめず頑張って下さい。応援しています。

彦坂教室長・岩津奈々美さん・藤田先生

第一志望合格にびっくり! 四年間しっかり学んで視野の広い人間に成長したい
吉田実穂さん (高校3年生)
トライプラスを始める前に困っていたことは、学校を休みがちだったため、授業の進度について行けなくなっていたこと、どこが理解できていないかが自分で分かっていなかったことです。トライプラスに決めた理由は、自宅からの距離が近かったこと、個別指導であったこと、塾長が高校のOBで親近感が湧いたことです。 先生との印象に残っているエピソードは、英語の中嶋先生と、成功した企業の社長さんたちを英作文でレポートしたこと(自動車王フォードやナポレオンなどについて調べ、英文レポート用紙2枚にまとめるという課題が英作文として出されました)、数学の石高先生に、冬期講習で関連した単元の東大の問題を一緒に解いてもらったことです。トライプラスの授業で良かった点は、センター1か月前から、一般の問題をやらずにセンターだけに集中してもらうという形をとってもらえた点、個別指導であったため、授業中に気軽に分からない所やもっと知りたいところを質問することができた点です。 センター試験本番では、6か月前の模試の成績に比べて英語の得点率が54.1%アップ(偏差値+19.6)、数学71%アップ(偏差値+22)、国語45%アップ(偏差値+16.6)しました。成績の上がった一番の理由と工夫した点は、塾から出してもらった宿題を毎週しっかり取り組んだこと、無理に成績を上げようとせず、目の前の課題に集中したことです。成績を上げるために取り組んでいた勉強法は、同じ問題集を6〜7回くり返し、自分の苦手な分野・単元を洗い出し、授業で先生に教えて頂いたり、解説をして頂いたりしました。10月これは合格できないと思い(8月模試が返ってきた頃)通学時同じ問題集をくりかえしました。合格したときの気持ちは、周りの人に良い報告ができる、とほっとしました。また、第一志望の一般入試は、自分では手ごたえがなかったので、合格して驚きました。合格までの道のりで一番つらかったことは、ぎりぎりまで国語(主に現代文)の点が安定しなかったことと、数学?Bが間に合う気がしなかったことです。乗り越えた方法は塾長に「根拠のない自信が大切」と声をかけられ、それを信じて学習を続けました。合格までの道のりで一番頑張ったことは、英単語や古文単語を覚えるのがとても苦手だったので、なるべくたくさんの長文や古文に触れて、単語を見る回数を増やしたことです。 将来の夢は、興味のある分野に進学することが叶ったので、大学生活の中で、4年間しっかり学習をし、学んだことを活かせる仕事に就きたいです。また、自分の専門外の事もたくさん知って、視野の広い人間に成長したいです。 これからトライプラスを始める方へ。せっかくの個別指導なので、分からない所はどんどん先生方に質問して、存分に塾を活用してほしいです。試験前には「根拠のない自信」を持って頑張ってください。

日野先生・吉田実穂さん

テスト前だけじゃなく毎日勉強しようと思うようになりました
津留雅生さん (中学2年生)
トライプラスを始める前に困っていたことは、家で学習する習慣がついていなかったことです。トライプラスに決めた理由は、近所だから、自習室にも行きやすいから、個別で教えてもらう方がしっかり学習すると思ったからです。 先生との印象に残っているエピソードは、英語の檜垣先生は、英単語のテストを厳しく見てくださいました。数学の近藤先生は、例えを使ってわかりやすく教えてくださいました。トライプラスの授業で良かった点は、分からない問題を自分が理解できるまで教えてもらえる点です。 スタート後の成績は、スタート前に比べて、英語プラス25点、数学プラス31点アップしました。成績の上がった一番の理由は、自主学習用のスペースが広いので、多く自習に来ることができました。トライプラスを始めてから、「このままだと志望校に行けない」と考えるようになり、テスト前だけじゃなく毎日勉強しようと思うようになりました。 これからの目標は、志望校合格です。 これからトライプラスを始める方へ。授業中は集中しよう。毎日勉強しよう。あっという間に時間は過ぎていきます。今のうちに点数を上げて受験に向けて頑張ろう。

近藤先生・津留雅生さん

第一志望合格。毎回授業が楽しかった
清水景唯香さん (中学3年生)
トライプラスを始める前に困っていたことは、答え合わせをする時に、解説を読むだけだとわからないことが多かったことと、積極的に勉強をしようと思うことができなかったことです。トライプラスに決めた理由は、個別だから先生に質問がしやすく、自分に合ったカリキュラムで教えてくださると友達から聞いたので、トライプラスに決めました。 国語の日野先生とは、文章を上手く読み取る方法などを教えてもらいながら、学校の行事の話や学校生活について話すことができて楽しかったです。数学の本間先生は、数学でわからない問題を、わかりやすい方法でわかりやすく教えてくださいました。いろいろな話もできて、毎回授業が楽しかったです。トライプラスの授業で良かった点は、質問がしやすかったことと、先生と親しみやすく、楽しく授業が受けられたこと、苦手だったり、わからなかったりしたところを重点的に教えてくださったところです。 スタートから1年半後の学年末テストでは、スタート前の中間テストに比べて、英語プラス28点、数学プラス5点、国語プラス31点、社会プラス11点アップしました。成績の上がった一番の理由と工夫した点は、テストなどに出やすい傾向の問題などを解く方法を丁寧に教えてくださったことです。宿題で出された問題では、教えていただいた方法をなるべく使用して解くようにし、授業で行った問題は、見直したりしました。合格したときは、とても安心しました。ちゃんと第一志望の高校に合格することができてよかったです。合格までの道のりで一番がんばったことは、嫌いで苦手だった教科を頑張って勉強したことです。合格までトライプラスだけで合格しました。 これからの目標は、とにかく今一番の目標は、高校へ入って自分のやりたいことを見つけ、自分だけの夢を見つけることです。 これからトライプラスを始める方へ。とにかく、わからないことはとことん先生たちに質問しましょう! 楽しく、わかりやすい授業を受けて、第一志望の学校に合格できるよう頑張ってください!

清水景唯香さん・本間先生

自分から質問ができるようになり、やる気が出ました
渡辺悠月さん (中学3年生)
トライプラスを始める前に困っていたことは、前の塾では先生との距離感があり質問しづらかったことです。小学校の頃より3年近くやっていましたが、成績が上がりませんでした。トライプラスに決めた理由は、アットホームな感じで、前の塾と比べると先生との距離が近かったからです。 先生との印象に残っているエピソードは、英語担当の副教室長が、英検に向けて自分の苦手な所を主に課題を出してくれたこと、単語テストをしてくれたことです。理科の本間先生は、私の苦手とする理科を分かりやすく細かく教えてくれたので、授業もついていけるようになりました。トライプラスの授業で良かった点は、先生が教室内をまわっているので、分からない所はすぐに質問できること、先生がおもしろいこと、課題が多く、出来ないでいると個別にチェックしてくれることです。 スタート後の3年次学年末テストの英語の成績は、2年次1学期期末テストに比べて、31点アップしました。成績の上がった一番の理由は、冬に英検のトレーニング(講習)を受け、単語など覚えられない時に、しっかりと最後までチェックしてもらって、覚えきれたこと、そして合格したことが3年での自信につながりました。工夫した点は、テキストのわからないところをとにかく繰り返しました。トライプラスを始めてから、以前は質問ができなかったのですが、トライプラスに入って、先生から声をかけてくださったり、自分から質問ができるようになったので、やる気が出ました。 将来の夢は、保育教諭になることです。 これからトライプラスを始める方へ。コツコツ勉強すれば必ず結果がついてきます。今だめでもあきらめずに、最後まで目標を下げずにがんばって下さい。常に「ファイティング」です。トライで一緒にがんばりましょう!

渡辺悠月さん・彦坂先生

ページトップへ

トライが選ばれる理由

理解できるまでお子様と向き合う個別指導スタイル
生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
お子様の理解度・到達度が分かる学習プログラム
授業のない日も自由に自習できる演習エリア
繰り返し見る事のできる映像授業「Try IT」
単元別学習・苦手克服ができる演習プリント/オリジナル教材

入会までの流れ

flow

受験情報

最新の受験情報や効果の高い学習法を提供する、トライ教育情報センター
トライ教育情報センターでは、日本全国のあらゆる地域に密着した最新の受験情報をご家庭に提供しています。
さらに、これまでに培ってきた指導データに加え、
全国の家庭教師、教育プランナーから常に情報を収集・分析を行い、
一人ひとりに最適なカリキュラムの作成や効果の高い学習方法を研究しています。
高校だけでなく、中学・大学受験情報も提供しています。
詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。

ページトップへ

  • お近くの教室情報はこちら

    北海道・東北

    信越・北陸

    近畿

    四国

    関東

    東海

    中国

    九州・沖縄

  • 家庭教師のトライ 個別指導塾 トライ式高等学院

ページトップへ