個別指導塾トライプラス保谷校資料請求はこちら

教室見学可

東京都練馬区 保谷校
の教室情報

住所 〒178-0064
東京都 練馬区南大泉1-48-3-2F
最寄り駅 西武池袋線 保谷駅 保谷駅南口より国道25号線を大泉第二小学校方面に徒歩9分。小学校の先、南30メートルほど。トライさんの看板が目印です。
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 彦坂 好郎

保谷校
へのアクセス

通塾エリア

生徒が住んでいる最寄り駅・エリア例
西武池袋線大泉学園駅・保谷駅、石神井公園駅、東久留米駅  西武新宿線武蔵関駅、東伏見駅  都営大江戸線 光が丘駅
練馬区東大泉、西大泉、南大泉、関町北、石神井台、谷原、西東京市泉町、東町、中町、下保谷町、富士町、新座市池田町、東久留米市本町などのエリアから勉強に来ています。

〒178-0064 東京都 練馬区南大泉1-48-3-2F

保谷校
の教室長からのメッセージ

彦坂 好郎
教室長:彦坂 好郎
トライプラスは、家庭教師のトライから生まれた個別指導塾になります。トライプラスでは生徒一人ひとりに寄り添い、学習習慣の定着、苦手克服、成績向上、志望校合格を目指して指導を行っています。学習カウンセリングにてお子さまと保護者様のご要望をお伺いし、一人ひとりに最適な学習プランを作成し、責任を持って指導にあたります。また、いつでも通える自習スペースを完備し、チューター講師が学習サポートを行っていきます。教室見学、学習カウンセリング、体験授業は随時受け付けておりますので、お気軽にお越しください。心よりお待ちしております。

通塾生の
在籍校・進学先

生徒が通っている学校例
【小学校】関町北小学校、大泉第二小学校、東小学校、碧山小学校、栄小学校、東京学芸大学付属大泉小学校、白百合学園小学校、武蔵野東小学校、保谷小学校、西武文理学園小学校、新座市立池田小学校
【中学校】大泉中学校、大泉第二中学校、大泉西中学校、関中学校、石神井西中学校、谷原中学校、開進第二中学校、明保中学校、富士見中学校、十文字女子中学校、吉祥女子中学校、白百合学園中学校、城西大学付属城西中学校、西武文理学園中学校、コロンビアインターナショナルスクール、明治学院中学校、日本大学豊山中学校、日本大学第二中学校、東京学芸大学附属竹早中学校、お茶の水女子大付属中学校

【高校】都立日比谷高校、都立新宿高校、都立武蔵野北高校、都立清瀬高校、都立保谷高校、都立石神井高校、都立文京高校、都立板橋高校、都立田無高校、中高一貫都立大泉高校、都立富士高校、東亜学園高校、松蔭高校、日本大学桜丘高校、大島海洋国際高校、国学院久我山高校、十文字学園高校、富士見高校、豊島学院高校、錦城高校、新渡戸文化高校、本郷高校、早稲田実業高校、白百合学園高校、豊南高校、東京電機大学付属高校、武蔵野女子学院高校、独協大学附属高校、芝浦工業大学附属高校

中学校
東京学芸大学付属竹早中学校、法政大学中学校、浦和明の星中学校、明治学院中学校、西武文理学園中学校、星野学園中学校、日本大学第二中学校、日大豊山中学校、東京電機大学附属中学校、東京家政大学附属中学校、獨協中学校、立教池袋中学校

高等学校
都立上野高校、国際基督教大学高校、巣鴨高校、東京電機大学付属高校、専修大学高校、日大鶴が丘高校、明治学園大学東村山高校、日本工業大学附属駒場高校、大成高校、白梅高校、目白研心高校、杉並学院高校、明治学院高校、駒沢大学高校、郁文館高校、保善高校、都立駒場高校、日出高校、東亜学園高校、都立文京高校、都立清瀬高校、都立井草高校、都立石神井高校、都立武蔵丘高校、都立鷺宮高校、都立久留米西高校、都立光が丘高校、都立大泉桜高校、都立荒川工業高校

大学
早稲田大学、立命館大学、青山学院大学、立教大学、武蔵大学、学習院大学、成蹊大学、法政大学、近畿大学、目白大学、日本大学、駒澤大学、国士舘大学、拓殖大学、平成帝京大学、昭和女子大学、共立女子大学、日本赤十字看護大学、工学院大学、京都産業大学

保谷校についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)

保谷校
の講師紹介

三重野 研一 先生
三重野 研一 先生

難関大学対策英語教師です。文法、作文、長文、リスニング他、徹底した繰り返しで、大学別対応で難関大学合格に導きます。

西川 樂 先生
西川 樂 先生

教員志望で、幅広く数学を担当しています。生徒からの信頼が厚く、気軽に相談に乗ってくれる頼れる存在です。

中野 友貴 先生
中野 友貴 先生

難関大学専門、理数担当教師です。分からない部分までさかのぼり、難関大学合格に必要なノウハウをすべて伝授します。

中山 美奈 先生
中山 美奈 先生

理解するまであらゆる角度から説明する理念を持ち、緻密な思考方法で算数や理科を論理的に解決し、成績を引き上げてきます。

田中 伶兒 先生
田中 伶兒 先生

自ら、数学・理科が大好きな理系の先生。わからない部分を確実に理解させ、子どもたちを理系好きにさせてしまう先生です。

領家 壮志 先生
領家 壮志 先生

大学受験生を中心に英語や現代文、古文を担当します。暗記方法や進捗管理を徹底し、受験生の成績を短期間に上げていきます。

高宮先生
高宮先生

現代文、古文からすべての教科に対応している理系の先生です。「どうすれば難関大学に入れるか」じっくりと対応します。

徳竹 妙南
徳竹 妙南

小学生から、中学生、ハイレベル高校生まですべてを担当するオールラウンドの先生です。優しさの中にきれるアドバイスあり。

宮澤 佳穂 先生
宮澤 佳穂 先生

英語や国語を中心に、どの学年も担当します。苦手な単元で、きめの細かい課題を出し、生徒の学力をめきめき上げています。

※ 上記はトライ登録講師の一部です。

保谷校
のコース紹介

人気コースランキング

1位 2位 3位
小学生 勉強の習慣づけコース 進学塾サポートコース 小学校国語算数特訓コース
中学生 数学特訓コース 英語長文対策コース 理科・社会対策コース
高校生 赤点脱出コース 内部進学対策コース センター対策理社特訓コース

その他人気コース

小学生

内部進学対策コース
(通年で数回内部進学テストが実施される学校があります。日頃の高度な学習範囲からの出題に対して、中学受験レベルの対策をしていきます)
中学先取り準備コース
(希望により英語も始めていきます。数学や国語を中心に中学の学習内容を先取りし、小学校で「何を落としているのか」を確認し、ひとつ上のレベルに到達させていきます。英検取得特訓を併行して実施しています)
理科社会特別養成コース
(理科社会は、何よりも好きになることが一番重要です。基本的な内容から中学の範囲まで、実力に応じて学んでい

中学生

英検取得特訓コース
自習室での自学で単語暗記なども相当量こなし、英検合格をめざしています。「中3準2級以上」を一つの目安として取り組みます。都立推薦入試集団面接対策コース
(都立の推薦入試では、集団面接は避けて通ることは出来ません。ここ保谷校では個別という利点を生かして、マンツーマンで面接指導をしていきます)
都立一般理科社会受験対策コース
(都立一般受験の理科社会を中心に対策を立てていきます。都立一般受験の理科社会の勉強は、勉強方法が分からずに苦手意識を持つ生徒が多くいます。「資料をどう読むか」

高校生

高校古典漢文必勝コース
(古典、特に漢文を苦手とする高校生を多く見かけますが、学ぶべきポイントをつかみ、押さえるところを押さえていけば、誰にでも得意科目にすることが出来ます。トライプラスで苦手意識をなくしていきましょう。優しい先生が待っています)
理系数学トライコース
(理系数学で落ちこぼれてしまっている単元はありませんか?優秀なスタッフが個別で指導していきます)

保谷校
に通う生徒の体験談

神戸大学、学習院大学、関西学院大学他、現役合格!
豊永千夏さん (高校3年生)
神戸大学、学習院大学、関西学院大学他、現役合格!
豊永千夏さん・宮澤先生
高2の定期テスト「現代文」で18点を取り、このままではまずいとトライプラス保谷校に入塾しました。塾では、現代文に限らず勉強方法から学習内容まで納得いくまで質問をすることが出来、成績は徐々に上がっていきました。それでも3年の11月頃になると、緊張からか「三単現のsの書き忘れ」「bをdと書き違える」などのミスがおさまらず、成績も停滞しました。そんな時期に、授業中にも関わらず悩みや心配事について時間をかけて聞いてくださり、乗り越えることが出来ました。本番で役に立ったことは、70文字以上の英作文トレーニングです。また、間違いを分析して記録し翌日に生かす「反省ノート」を徹底的に活用しました。合格発表で自分の受験番号を見つけた時には、興奮で真っ白になってしまいましたが、あの嬉しさは忘れることが出来ません。【高校生の皆さんへ】志望大学に合格するには、毎日の積み重ねが大切です。入試本番に頭が真っ白になった時には、今まで培ってきた知識が最大の助けとなります。皆さんも最後まであきらめずに、志望の大学の合格を勝ち取ってください。
都立豊島高校合格   ~ 毎日1年分解く!
J.A.さん (中学3年生)
都立豊島高校合格   ~ 毎日1年分解く!
J.A.さん・田中先生
合格発表は不安でしたが、「合格」という文字を見て本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいになりました。勝因は、「自習などで質問し、分からないことを分かるまで確実に理解出来たこと」「授業の後にたくさん復習演習が出来たこと」だと思います。数学では、冬休みに「過去問10年分解く」という課題が出され、本番の入試では似た問題が多く、自信をもって解くことが出来ました。理科では、中学の基礎を学びつつ、高校理科に関連した話が詳しく進み、大変興味が持てました。社会では、効率的な勉強方法と共に教科書を何度も何度も読み返し、完璧になりました。入試1か月前になると量をこなすことが当たり前になり、「毎日1年分解く」と決め、どんなことがあろうと実行しました。私は宇宙開発に興味があるため「NASA」や「JAXA」に就くことが夢です。そのために、大学では物理学を学び、ロケットの構造や宇宙の分子などの知識を得て、夢に向かって努力したいです。【受験生の皆さんへ】合格発表まではとても辛く不安になることがあると思いますが、決してあきらめずに常に前向きに勉強に取り組み、合格を勝ち取ってください。
都立鷺宮高校合格 ~本当に落ちるかと思いました
染野七美さん (中学3年生)
都立鷺宮高校合格 ~本当に落ちるかと思いました
染野七美さん・彦坂先生
私の英語の担当の先生は、分からないところがあると、基礎の基礎まで戻り、先生のほうからいろいろな質問をしてくださり、どこがわからないのかを常に理解しようとしてくれました。数学では、図形の応用問題などで、図を移動させたりしながら確実に理解できるまで関わってくださいました。保谷校には生徒思いでフレンドリーな先生方が多く、分からない問題があっても質問しやすかったです。それでも私は大事な場面で緊張してしまうタイプなので、本番では簡単な問題を次々に間違えてしまいました。合格した時には力が抜けて、10分ぐらい呆然としていました。そして、たくさんたくさん勉強したことや不安でたまらなかったことが思い出され、「努力は報われるんだ」と改めて感じ、頑張ってよかったと思いました。高校卒業後は教員免許を取得するために大学の教育学部に入学して、そのまま教師になりたいです。【受験生の皆様へ】あとで大変になるので、理社は早めに暗記をしておいたほうがいいです。ケアレスミスは本当にもったいないので、焦らずに落ち着いて問題を読むことです。勉強をやるだけやれば、本番は意外に多くが簡単な問題です。頑張ってください。
偏差値40台から東京学芸大学附属国際中等教育学校に合格です
谷村みのりさん (小学6年生)
偏差値40台から東京学芸大学附属国際中等教育学校に合格です
谷村みのりさん・中山先生
学校の算数で60点を取るなどテストの得点が上がらず、「受験など無理」とはじめは考えていました。しかしトライプラス保谷校では、授業の後さらに演習授業があり、たくさん質問が出来たり覚えなければならないことも時間をかけることができ、少しずつ勉強に自信が持てるようになっていきました。志望校のレベルに合わせて大量の宿題が毎回出されましたが、算数の特殊算なども図に書き替えてくださるなど、簡単に理解することが出来ました。また、北海道から沖縄まで、全国の国公立中高一貫校の過去問題200年分をやり遂げたことで自信をもって試験に臨むことができました。東京学芸大学附属国際中等教育学校に合格した時は夢のようで「やったー」と叫んでしまいました。将来の夢は外国へ留学しいろいろな経験を重ね、環境に配慮した建築士になりたいと思っています。【中学受験を頑張っている皆さんへ】どんなに出来なくても、やれるだけ問題を解き続ければ、少しずつ自信がついてきます。どんなことがあってもあきらめずに、自信を持って楽しんでください。
都立清瀬高校合格   ~ 大学受験が始まっています
金子恵三郎さん (中学3年生)
都立清瀬高校合格   ~ 大学受験が始まっています
金子恵三郎さん・中山先生
学校の授業では理解できないところが多く、兄も通塾していて親からの勧めもあったトライプラス保谷校に入塾しました。特に英語が苦手で、基本的な英文法もあやふやでした。しかし基礎から学び、単語や英作文も毎週課題に出され、絶対に無理と思っていた英検準2級に合格しました。その後保谷校の英語の受験勉強は高校レベルのものとなり、早々に都立の英語では合格ラインを越えていました。数学でも自分のできるレベルから自分にあった問題を解き、重要なことを何度も繰り返して演習しました。保谷校ではどの教科も大量の演習課題が出されます。まずは基礎を徹底的に学び、難しい問題を大量に解きまくります。やがて「1問10分」など、時間を図って演習して実力をつけていきました。また、暗記すべきものは繰り返し課題にされ、つらく時間はかかりましたが、これが合格を決めたと思います。高校合格後すぐに目標を大学現役合格と定め、岡山大学薬学部を目指し、大学受験が始まっています。【受験生の皆さんへ】やはり、言われたことを信じること。先生の課題をすべてやり合格することが出来ました。自分に与えられた環境を信じて、是非第一志望校に合格してください。

※上記はトライへ通塾するお客様の声の一部です。

保谷校
からのお知らせ

  • 2021.07.05

    テスト最終日

    こんにちは。総務の明石です。 髪は急に切りたくなるタイプです。 さて、保谷校に通う中学生の大半は今日がテスト最終日です。 どんな結果になるか、特に3年生はとても頑張っていたので期待して待ちます。 だいたいは階段を上がってきた最初の表情で分かりますが笑 テストが終わった後ってなんとも言えない開放感がありますよね。 僕はテスト後の開放感と達成感がたまらなく好きでした。 やり切ったと思えることって非常に大切ですよね。 もし、やり切ったと思えないのであれば次は結果云々よりも、やり切ったと思えるくらい勉強してみましょう。 達成感と同時に結果もついてくると思いますよ。 あーすればよかった、こーすればよかったなどと言ってくる生徒も多いですが、 もうテストは過去のことです。過去は大谷選手ですら変えられません。 ですが、未来を変えるのは過去の出来事が要因となることも多いと思います。 こういう失敗をしたから今回は同じ失敗をしなくて済んだ。 経験を糧にできる人は簡単そうにみえますが意外と少ないです。 次のテストで成功させたい人は、今回のテストまでの過程を見直しましょう。 僕もいつものとこではない美容室の当日予約はやめます。
  • 2021.07.03

    私たちが伸ばせる手

    こんばんは。総務の明石です。 明日は日曜ですが月曜テストの生徒が多く、心配で夜も眠れません。 以前見た映画で刑事がホテルマンに成りすまして犯人を捕まえるという映画がありました。 とある場面で、私たちが手を差し伸べられるのはこの中(ホテル内)だけで、外に出たら何もしてあげられません。 みたいなことを言ってる場面がありました。 僕たちも同じです。 僕たちは塾に来た子たちにしか手を伸ばしてあげることができません。 家で何の勉強をしているかを見ることが出来なければ、図書館に行って勉強を教えることもできません。 だからこそ、来てくれた生徒にはできる限りのことをしてあげたいのです。 どんな些細な質問でも答えてあげたいし、勉強に関係ないことでも聞いてあげたいのです。 その映画はホテルが舞台です。 泊まる場所を提供しているのではなく、ホテルに来た人が最高な時間だと思えること全てがサービスになるのです。 僕たちは塾が舞台です。 勉強を教えることだけを提供しているのではなく、生徒が成長するためのすべてがサービスです。 だからこそ、もっと塾を利用して欲しいです。 マ〇カレード・ホテルの続編、マ〇カレード・ナイトも是非ご覧ください。
  • 2021.07.02

    勉強の成長よりも人間的な成長から

    こんばんは。総務の明石です。 今週は毎日雨予報でくせ毛の僕は生徒にバカにされるので困ります。 人間誰しも甘えることはあると思います。 明日でいいやとか、今年こそやるとか。 けど、目標を決めてどうしても達成したいとかしなければならないのであれば、 甘えるということはただただ人間として未熟だけなのではないでしょうか。 テスト勉強頑張りたくて家だとさぼってしまうから学校から帰ったらすぐ塾に来てやりますと言った生徒がいました。 次の日、少し疲れたので休んでから来ましたと言って予定より遅く来ました。 その次の日は来たものの、その次の日は自習にすら来ませんでした。 君が甘えていいのは今じゃない。 そんな気持ちなので、明日伝えます。 とにかく、人間的に成長するうえで気の抜きどころって大事だと思います。 周りで頭良かった人って意外と、勉強してるの?みたいな人多くなかったですか? いわゆる気の抜きどころが半端なく上手な人ですよね。 けど、やらなければならない場面で半端ない集中ややる気を出す。 このことはどんな場面でも応用の効くいわゆる人間的な成長です。 人間的な成長が先にできれば、必然的に勉強の成長も良くなるのではないでしょうか。
  • 2021.06.30

    テスト前の意識が良くなってきました

    こんにちは。総務の明石です。 多くの中学で1学期末のテストが始まったり、近づいてきました。 その中で感じるのが、テスト前の意識の高さが去年に比べて高くなったということです。 特に中3生は自ら自習に来るようになったり、質問に来るようになったことが大きな進歩です。 去年の現時点では1.2人テスト前にたまに来るくらいだったのが、 今日は早い時間から、10人弱が塾に来ている状態です。(毎日これくらい) この一年間で、先輩の受験に向かう姿を見てきたり、面談で塾長に喝を入れられたことにより、 目標が明確になり、勉強をもっと頑張ろうという意識が高まったのではないかと思います。 とはいえ、去年のこの時期は来年大丈夫かなあと非常に心配していました。 そう考えると、勉強への意識付けや目標が見えることにより、生徒の行動が大きく変わるなと感じます。 目標はなかなか決められることではないですが、勉強の意識付けは早いうちからできるので、 多くの生徒が目標を持った時に望む進路に進めるよう意識付けをしていきたいと思います。 ついでに、今年はひと味違う夏期講習になるでしょう。 乞うご期待を。
  • 2021.06.25

    お久方ぶりです!

    お久しぶりの投稿です。総務の明石です。 先ほど以前講師をしていた先生が近くを通ったとのことで挨拶に来てくださいました。 僕は面識がなかったのですが、以前のお知らせの投稿を見てくださっていたようで、ブログを書いてる総務の方ですよねと言ってくれました。 意外と見てくださる方が多くて驚いています。 以前も体験の面談でいつもブログ書いてる方ですよねって言ってくれました。 勝手にブログ化してしまってすみません笑 一応お知らせです! そんなことより、以前働いていた職場に近くを通ったからと言って挨拶に来るのはすごくうれしいことです。 つい先日も、忙しくて一時期離れていた先生が戻っても良いですか?と連絡をくれました。 先生とのコミュニケーションを僕も塾長も非常に大事にしているので、 こうやってまた連絡をしてくれるのは本当にうれしいです。 それが保谷校の塾としての良いところだなと感じます。 もちろん先生だけでなく、生徒とのコミュニケーションも大事にしています。 そのコミュニケーションのおかげで生徒の問題点を見つけることもあります。 コミュニケーションも学問ですから、面白いですね。 最後に、このお知らせにコメント機能ついてほしいです。
  • 2021.04.15

    理社が圧倒的にすごい不思議な個別塾です

    理科社会の勉強はいかがですか。特に「理科が苦手」という生徒が中学では多いですね。小学校から、理科の授業はよくわからないけど「とりあえずみんなと一緒に理科室について行って」「よくわからなかったけど実験があって」「ビーカー洗ったけどなんだかわからなかった」という人、相当多いです。社会も「半島って、半分の島!」「南のほうが熱いから、一番熱いのは南極!!」という生徒もかなりいます。保谷校では、個別塾ですが、そんな子どもたちばかりの中、理社を文字通り「0」から学習し、暗記の仕方・勉強方法から学び、都立本番で高得点を取ってきます。目標、全員都立受験本番「90点以上」。中学1年生から、理科社会の特訓を行い、理社が圧倒的にすごい不思議な個別塾です。「個別で5教科対応」「個別で理社までどうにかしたい」という皆さん、まずは是非保谷校へお話をしに来ませんか。受験対策、徹底してサポートしています。
  • 2021.04.09

    大学受験は大丈夫か

    大学受験への学習準備は、順調に進んでいますか。保谷校では、神戸大学や学習院大学他、今年も難関第一志望大学合格を成功させることが出来ました。大学受験に向けての準備では、安易に「予備校でやる」と考えていると、大変なことになります。受験に向けた学習で一番大切なことは、「合格を射程に置いた進捗管理」です。受かるために「何を」「いつまでに」「どのように」すべきかを管理し、その時々の「学習状況」に応じ「軌道修正」をかけ、より一層「進捗管理」を強化していくことです。学習状況は個々に異なり、その課題は人により数年前までさかのぼります。その個々の課題を「管理」し、「合格」をあきらめるのではなく「合格を射程に置き」、個に応じて課題を「より一層レベルアップする」ことが必要です。「ゆえに君は「いつまでに」「これを」終わらせなければならない」という日々の学習実施管理が重要です。これを管理しきって合格を果たしていきます。今一度、自身の第一志望大学合格に向けて、「自己管理ができているのか」を確認する必要があります。トライプラス保谷校では、この「管理」を徹底的に行い、毎年、第一志望大学合格を果たします。
  • 2021.04.07

    中学受験生あつまれ

    保谷校では、毎年悩める中学受験生とともに志望校合格を目指し、保護者の方々と連携を取りながら日々特訓しております。昨年は立教池袋中学校、今年は学芸大学付属国際中学校と難関中学合格を果たしましたが、生徒個々の「学習の遅れをどう取り戻すか」について、対策を立て、確実に克服してきました。皆さんは、「トップ集団の中でコンスタントに結果を出すことができていない」「わからないことが増えつつある」「宿題がたまってきている」「質問や相談がしづらい」などの問題をかかえていませんか。保谷校では、受験生個々人と保護者に対し、「カリキュラム管理」「学習進捗管理」「学習方法のチェック」「日常的な連絡・相談」を行います。「常識論」で受験に立ち向かうのではなく、「課題を一つずつ解決する環境」を整えなければ、夢はかないません。一度保谷校にお話を聞きに来られてはいかがでしょうか。地域の子どもたちが夢を手にするために、私たちは全力で活動しています。
  • 2021.03.02

    受験生の皆さん、お疲れさまでした

    本日、東京都立高等学校入学者選抜試験の発表があり、多くの生徒さんたちが志望高校の合格を果たしました。今年は中学受験の東京学芸大学付属国際中等教育学校合格から始まり、学習院などの大学、そして本日、都立清瀬他希望の高校への進学を次々に果たしています。まだ国立大学の発表を控えている時期ではありますが、今年度の生徒の皆さんの健闘をたたえ、心より「お疲れ様」とお伝えしたい思いでいっぱいです。今年は新型コロナウィルスの影響で、学校での授業も中断される時間が長く、onlineという慣れない環境での学習を強いられることもありました。そして模擬テストを自宅で受けるなどたいへんな状況の中ではありましたが、大量の演習課題を明るくこなし、見事合格を勝ち取りました。いよいよ次は後輩たちの番ですね。先輩の受験生たちからの力強いバトンをひきつぎ、次年度に向けた受験活動が、始まります。
  • 2021.02.13

    新講師の紹介

    講師名:黒田先生 担当教科:英語 出身:東京 休日の過ごし方:読書、音楽 ひとこと:みなさんの勉強に関する悩みを解決していきたいと思います。よろしくお願いします。
  • 2021.01.26

    定着率を上げる制度を作っちゃいました

    こんにちは。総務の明石です。 テストの点数を上げるためにはいろいろと必要ですが、 その中でも【定着率を上げる】って最も大事で難しいことだと思います。 私たちも日頃よりどうすれば定着率が上がるかを常に考えていますが、 ついに今までできなかったある制度を作っちゃいました。 はい、小テストです。 これかなり重要です。 生徒からはバッシングの嵐です。 「前はこんなしんどくなかったのに」 この言葉がマスク越しの明石をほころばせます。 生徒諸君、間違うことなかれ。 君たちの知識の定着率を上げるために先生は頑張ってるんだ。 小テストはどちらかというと、できているかの確認ではなく 出来ていないところのチェック→知識の整理→演習→再テスト→定着 こういった目的で行っています。 生徒の意識としても、小テストあるから勉強しておかなきゃ覚えておかなきゃ。 そういった意識が芽生えてくることも小テストの効果になると考えています。 個別ではありながらも、先生方も小テストのペースを目安に授業を進めることができるので、 先生にとっても生徒にとってもなんとも優しい制度になってます。 まだ制度としても粗い部分があるので、今後より良い制度にできるよう頑張ります。
  • 2021.01.07

    緊急事態宣言発令に伴うお知らせ

    本日1/7(木)、政府より新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されました。 トライプラス保谷校では、都の自粛要請に基づき今後の判断を行ってまいります。 ●学習塾に対する自粛要請が出た場合 全面オンラインでの授業になります。 ●学習塾に対する自粛要請が出なかった場合 希望者にはオンライン授業を実施、 対面授業の場合は、最大限の感染対策を行い通常通り授業を行います。 感染対策として以下の対策を行います。(現在行っているものも含む) ・先生、生徒の手洗いの徹底 ・開校前の換気、消毒 ・授業ブースの飛沫防止シートの設置 ・マスクの着用 ・席の間隔の確保 現在当校では感染者は出ていませんが、今後も予断を許さない状況が続きます。 最大限の感染対策をおこなってまいりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。 トライプラス保谷校教室長 彦坂 好郎
  • 2020.12.03

    さっきまで1月だったのにもう年末

    総務の明石です。 あっという間にまた一年が終わろうとしています。 今は面談や講習等で塾内はバタバタしています。 生徒数もぼちぼち増えつつあり、受験が近づくにつれ受験生の自習に来る割合は高まっています。 今まで全く来なかった子が来始めるとなんだかうれしくなりますね。 遅くはなったけどようやく受験のスタートラインに立った感じです。 勉強には人それぞれペースがあるからそれで全然良いんです。 もちろん塾として受験に合格するための最善の環境をそろえているので、 来てくれることが一番うれしい限りです。 さて、みなさんは年末をどのように過ごす予定でしょうか。 今年はまたコロナで騒がしくなってきたので、 あまり外出できるような雰囲気ではありませんが、、、 逆に勉強するにはうってつけの環境です!!!!笑 今年は本当に勉強については取り組み方と量でかなり差がついているかと思います。 取り戻すなら今しかないかなと僕は思います。 逆に遅れていると感じている子は今取り戻さないと今後しんどいです。 今年はいつも以上に自分が勉強面においてどうなりたいかを考えて、 年末年始を過ごしてみましょう。
  • 2020.11.13

    大事な面談が始まりました。

    総務の明石です。 多くの生徒にとって大事な面談が今週から始まりました。 受験生はもちろんのこと、受検を来年に控える生徒も この面談を機に受験を意識するようにしていかなければなりません。 まだ考えなくても大丈夫と思っている生徒は、 あっという間に考えている生徒に先を越されていきます。 逆に今勉強に自信がない子であっても、この時期から受験を意識してスタートすれば あっという間に抜かしていくチャンスがあります。 受験は自分との戦いです。 自分を甘やかすことなく、部活にプライベートに大変かもしれませんが、 前を向いて進んでいきましょう!
  • 2020.10.30

    人生の分岐点は早くもやってくる。

    総務の明石です。 あっという間に10月が過ぎ去りましたね~ 肌寒くなってきたのでこれからは体調の管理も大事です。 今日の話題は勉強をする理由について。 考えたことありますか?? 仕事でも趣味でもなんでもやることに対しては理由がセットでついているはずです。 逆にもし理由なく何かをしているのであれば、その時間は非常にもったいないです。 じゃあ勉強する理由って何なのでしょうか? もちろん人それぞれではあるとは思いますが、 僕が学生時代に勉強を頑張っていた理由は、「自分のやりたいことができるようにしたい」 そんな思いで勉強していました。 その結果なのかは分かりませんが、高校も大学も自分の思っていたよりも楽に進学できましたし、 何より多くの選択肢を持ち、やりたいことが出来ました。 なかなか小学生や中学生が先のことを考えるのは難しいとは思いますが、 具体的に勉強していたらしなかったらどうなるかを知ることはできるはずです。 とりあえず勉強するなんてことほど中身のない勉強はありません。 こうなるから勉強する。こうしたいから勉強する。こうなりたくないから勉強する。 学生時代というのは楽しいけれども人生の分岐点ではありますよね。
  • 2020.10.22

    学生時代これができていれば、、ということ

    総務の明石です。 中学生や高校生を見ていると、勉強が大変そうではありながらも 楽しそうだなあという気持ちにいつもなります。 さて、私は間もなく中学を卒業してから10年が経ちますが、 学生時代もっとこうしておけばよかったことがいくつもあります。 塾ということもあるので勉強面について こうすればもっと勉強できたんじゃないかな、、 ということがお伝えできれば良いかなと思います。 私が最もこうしておけばよかったなと思うことは、、、 【自習の習慣をつけること】です。 もちろん全く自習をしていなかったわけではなく、 宿題はちゃんとやってましたし、テスト前には結構勉強していました。 ただ、宿題とテスト勉強以外はたまーに勉強するくらいで、 習慣がついていたとは到底言えませんでした。 もし自習の習慣がついていて、予習か復習にもう少し時間を割いていたら、 テスト前にもっと効率よく隅々まで覚えることが出来て、点数も上げられたんじゃないかと思います。 だから今の子どもたちには、一日30分でもいいので、 宿題とは別にその日の授業の振り返りをしたり、予習をする習慣をつけてもらいたいです。 そうすれば、今よりきっと勉強に自信を持つことができます!!
  • 2020.10.19

    自己評価と他己評価②

    その生徒がどんな返事をしたかというと、 先生に聞いたら成績があがるんですか?と。 もちろん絶対上がるとは言い切れません。 ただ、多くの先生は丁寧に答えてくれるはずです。 実際に同じ学校の同じ学年の子はほぼ全部の先生に 自分が足りなかった所を聞いたという報告をしてくれました。 もちろん先生は答えてくれたとのこと。 結局大事なのって、自己評価と先生の評価のギャップを埋めることなんですよね。 スポーツも全く同じで、 自分が足りないって思ってることと監督が足りないって思ってることってたいてい違うんですよ。 だから、自分が頑張らなきゃいけないと思うことだけ頑張っても試合には出してくれない。 それでなんで出れないんだよ!って思っても仕方ないんですよね。 もちろん自己評価をすることは非常に大事なことで、客観的に自分を見て分析する力は どこに行っても何をするにしても必要なことだと思います。 ただ、誰かの評価が結果に反映される以上、 その誰かの評価を意識しないほどもったいないことはありません。 分からないことがあれば評価者に聞けばいい。 最終的に行動するかは本人次第ですが、 僕が言ったことを理解し、実践してくれると嬉しいです。 ー完ー
  • 2020.10.19

    自己評価と他己評価①

    総務の明石です。 非常に寒いです。 秋服を着ることなく冬服を着始めました。 さて、つい先日僕は塾に来て初めてといっていいくらい、 生徒に本気で厳しい口調で話してしまいました。 あ、普段も本気ですけど口調が緩いだけです。 どんなことを言ったかというと、 つまりは自己評価だけするなということです。 その生徒はものすごく勉強ができます。 テストも平均90点くらい取るし、毎日自習に来て勉強もするし。 だけど、実技教科がそれに伴った成績ではなくて、 それを報告しに来てくれました。 しっかり自分で分析して、これが何%だからこれくらいでだからこの成績だったんですよと。 だからこれをこうすれば上がるはずなんだけど、という課題まで分析していました。 僕からは一言、「それって想定で自己評価だよね?」 生徒は「あ、はい。」とだけ。 そのあと長い時間話しましたが、 自分の評価が絶対的に相手の評価と合ってるなんて言いきることはできません。 だから、その子には先生に直接何が自分に足りなかったのか聞いてみ? というアドバイスをしました。 その返事からこの子は本当にもったいないことをしているなという印象を受けざるを得ませんでした。 ②へ続きます。
  • 2020.10.13

    テストでは無駄にシュートを打ちまくれ

    総務の明石です。 テストで一番大事なことって何だと思いますか? 答えは人それぞれあるかとは思います。 集中力?見直し?自信? 僕は全部埋めることだと思います。 つまりは空欄を作らないことですね。 もちろん集中力も見直しも自信もすべて大事なことです。 これらのことは意識出来てることが多いんですよね。 言わずとも集中しているし、見直しもするし、自信を持ってテストに臨んでいると思います。 出来ていないことが多いのが全部埋めること。 間違っても点数は引かれないのだから、何かしら書けばいいんです。 サッカーで入らなさそうだからシュートを打たないのと同じです。 失敗は無いかもしれないけど、成功することもありません。 テストではただひたすらにシュートを打ちまくってください。 確率は低いけど、もしかしたら入るかもしれません。 こんなこと書いたらヤバいんじゃないかとか思わなくて大丈夫です。 多分丸付けしながら先生は笑ってますよ。 むしろ記述問題で分からなければ、先生の笑いでも取りにいきましょう。 これについては笑いがとれなかった場合の保証はでき兼ねますので、自己責任でお願いいたします。 ちなみに僕は笑いを取るセンスがないことに気付けました。
  • 2020.10.09

    詰めが甘い!!

    総務の明石です。 詰めが甘いなあ。 そう言わざるを得ないテスト結果の子がちらほら見受けられます。 あれ、ここ塾では出来てたじゃん。 なのにテストでミスをしてしまうのは本当に詰めの甘さだと思います。 同じくらいの学力の子でもテストに点差がついてしまうのはこの差です。 覚え方が薄っぺらいと、塾で出来てたことがテストでできません。 何回も何回も繰り返さなきゃいけない部分を一回できたから終わってしまったり、 理解がいまいちだったにもかかわらず、丸がついてたから復習しなかったりと。 そういうミスが出てしまったということは個人の反省でもしてもらいたいところではありますが、 塾としてもそのミスをいかに減らすことができるかを反省点として、今後に活かしたいと思います。 やはり確認のためのテストはたくさんやるしかないですね。 教材の端から端まで完璧に覚えるくらいインプットとアウトプットを繰り返してもらいたいと思います。 さあ今週末は台風も近づいて荒れた天気になりそうです。 大人しく過ごして週明けに元気に会いましょう!
  • 2020.10.08

    テストはテストでしかない。

    総務の明石です。 公式Twitterでの返信で私自身も改めて考えさせられました。 「テストの意味」 考えたことはありますか? そもそもテストとは何でしょう。 社会に出るとあらゆるところでテストに触れる機会があります。 そこで触れるテストは、すべて本番のための確認作業に過ぎません。 テストでは本番で成功するために、何回も何回も失敗を繰り返します。 本番から逆算して考えて、どの時点ではどれくらい出来てなきゃいけない。 そんなことも考えながらテストを繰り返していきます。 学校や塾で行うテストも本質的には確認のためのテストであって、 目標となる本番のテストではないはずです。 先に何か目標があり、そこから逆算して考える確認のためのテストである必要があります。 なので、 「テストできた良かった!」 「思ったよりできなかった。。」 などで終わらせてはいけないのです。 目標から考えて、どれくらい出来ていたのか、 何がだめでテストが思ったようにできなかったのか。 どうすれば目標に近づくための点数が取れるのか。 テストはテストでしかありません。 テストでうまくいくのは当たり前。 テストの結果に左右されず、どうすれば本番で成功できるかを考えましょう!
  • 2020.10.06

    続々中間テストの結果が!

    総務の明石です。 当塾に通う生徒は今日でみんな学校中間テストが終わりました。 続々と返却もされてきていて、生徒の色々な表情がうかがえます。 もちろん思った以上にできた人もいれば、 全然良くなかったという生徒もいます。 3年生は受験に向けて非常に大切なテストでしたので、 みんなかなり気合が入っていたように思えます。 それでもやっぱり良かった、悪かったの差は出ています。 大切なのはこれが何の差なのかを生徒自身が考えることです。 おそらく良い点数が取れた子は、言われなくても自分と自分より良い人の差を考えています。 そして、できるだけ近づけるように自分で考え、行動するでしょう。 このような力を私は 「知覚力・思考力」 こう表すことができるかなと思います。 自分と他人との差を自ら気付き、 まずは自分で考える。 中学生にこの力を求めるのは難しいことかもしれませんが、 これさえできれば、中学のうちだけでなく大人になるにつれ役に立つ力になるはずです。 少し真面目な話をしましたが、 私はこれから生徒に課す地獄のテストについてマスク越しにニヤつきながら考えます。 次の定期テストに向けて頑張りましょう!
  • 2020.10.02

    問題点を分析できていますか?

    総務の明石です。 ハードな筋トレにより、今日は全身筋肉痛です。 生徒も頑張っていますが、私も頑張ってるようです。 さて、保谷校の生徒が通う中学校や高校では定期テストがぼちぼち終わり始めています。 いつもテストの時期にはワクワク、ソワソワしていますが、 テストはやって終わりにはしないでください。 テストってあくまでもそこまでに習ったものの確認でしかないので、 出来ていなかったのであれば、どこかにできなかった原因があるはずです。 そもそも勉強していたのかしていなかったのか。 勉強していたけど、理解できていたのかしていなかったのか。 理解できていたけど、ケアレスミスなどが多かったのか。 などなど、深堀っていけば必ずできていなかった問題点があるはずです。 保谷校では、テスト後最初の授業ではその確認からします。 生徒1人ではできない分析を先生と一緒にすることで、生徒も次どうすれば点数が上がるかを理解できます。 あとは生徒がやるかやらないか。 次のテストはまた1か月ほどしたらやってくるので、 生徒のケツをたたきまくってみんなの喜ぶ笑顔が見たいです!!
  • 2020.10.01

    やってきました。〇〇の秋。

    総務の明石です。 コロナウイルスが真っ盛りだった4月ごろから早くも半年が経過し、 10月がやってまいりました。 暦の上ではもう冬になりますが、 世間一般では10月くらいが秋なんじゃないかと思います。 〇〇の秋。 皆さんはどんな秋にする予定でしょうか? 保谷校でも〇〇の秋、決めました。 はい、言うまでもなく 勉強の秋です。 なんならテストの秋にでもしようと思います。 先日、夏期復習の単元確認テストを行っていますというお知らせを流しましたが、 冬季の面談までに中学生は他にも2つ塾内のテストが待っています。 この4月から保谷校では頻繁にテストを行っていますが、 これらのテストは非常に重要なものだと考えています。 テストを頻繁に行うことで、 生徒の成長、苦手分野、今後の方針を確認することができます。 生徒1人だったりご家庭だけではできないことをサポートしてあげるのが塾の役目です。 生徒からの猛烈なバッシングにも涙をこらえながら耐え、 確認テストを行っていくことで、生徒のゆくべき方向へのサポートをしていきたいと思います。 私は食欲の秋、サツマイモがおいしい季節を楽しみます。
  • 2020.09.30

    単元確認テスト(夏期復習)を行います

    総務の明石です。 今週から塾内独自の単元確認テストをスタートしています。 夏の成果が表れる確認テストになります。 このテスト結果をもとに面談を行っていきますので、 生徒の皆さんは持て余すことなくいい点数を取ってください。 夏に頑張った人、さぼりがちだった人、 かなり差が出てくると思いますので、私も採点は楽しみです笑 こういったテストの積み重ねが今後の勉強の道しるべになります。 私たちも生徒がより良い道を見つけて、進んでくれるようサポートしてまいります。 勉強の秋。 頑張りましょう!
トライプラスが選ばれる理由
  1. 1理解できるまでお子さまと向き合う個別指導スタイル
  2. 2生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
  3. 3自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
  4. 4お子さまの理解度・到達度が分かる学習プログラム
  5. 5授業のない日も自由に自習できる演習エリア
  6. 6繰り返し見る事の出来る映像授業の「Try IT」
  7. 7単元別学習・苦手克服が出来る演習プリント/オリジナル教材
入会までの流れ
  1. お問い合わせ
    まずはお電話でお問い合わせください。
  2. 無料
    体験授業
    無料で体験授業を受けていただけます。トライプラスの指導効果を実感してください。
  3. 学習状況
    の確認
    お子さまの目標や現在の学力を確認し、学習プランをご提案します。
  4. ご入会
    トライプラスでの指導法や学習プランにご納得いただけた場合、ご入会のお申込みをお願いします。
  5. 担任講師
    の決定
    お子さまの目標や受講科目、そして性格まで配慮した上で最適な担任講師を選定します。
資料請求や授業料についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)