個別指導塾トライプラス阪急高槻市駅前校資料請求はこちら

教室見学可

大阪府高槻市 阪急高槻市駅前校
の教室情報

住所 〒569-0803
大阪府 高槻市高槻町15-8
ダイエツビル2F
最寄り駅 阪急京都本線 高槻市駅 徒歩2分 / JR京都線 高槻駅 徒歩5分
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 福田 恵久

阪急高槻市駅前校
へのアクセス

通塾エリア

阪急京都線 高槻市駅 より徒歩2分
JR京都線 高槻駅 より徒歩5分

阪急高槻市駅より、三井住友銀行南側の道(中通り)を西へ約100m
レンタサイクルのグリーンフラッグ高槻店さんのビルの2F

〒569-0803 大阪府 高槻市高槻町15-8 ダイエツビル2F

阪急高槻市駅前校
の教室長からのメッセージ

福田 恵久
教室長:福田 恵久
ご覧頂きありがとうございます。 トライプラスは、「家庭教師のトライ」、「個別教室のトライ」から生まれた1対2の個別指導塾です。 ひとりひとりの学習状況や目標に合わせて、オーダーメイドでカリキュラムをご相談させていただいております。 また、単に指導を行うだけでなく、指導後の演習を徹底することで、 「分かる!」だけではなく、 「できる!」まで教室で取り組んでもらっています。 さらに、教室で自由に使って頂けるe-learning system を活用した自習勉強も徹底サポート。 「自分でできること」、「自分ですべきこと」など、確認していただき、教室での自習勉強の取り組み方も身につけていただいております。 是非一度、教室におこしください。 ご相談、お待ちしております。

通塾生の
在籍校・進学先

【小学校】
高槻市立高槻小学校・高槻市立松原小学校・高槻市立桃園小学校・高槻市立芥川小学校・高槻市立北大冠小学校・高槻市立西大冠小学校・高槻市立大冠小学校・高槻市立川西小学校

【中学校】
高槻市立第一中学校・高槻市立城南中学校・高槻市立第六中学校・高槻市立第八中学校・高槻市立川西中学校・高槻中学校・関西大学中等部・立命館中学校・同志社中学校・履正社豊中中学校・金光大阪中学校

【高校】
高槻北高校・三島高校・槻の木高校・茨木高校・春日丘高校・高槻高校・関西大学高等部・立命館高校・追手門学院高校・金光大阪高校・大阪青凌高校

【大学入試】
大阪市立大学
立命館大学
関西学院大学
関西大学
摂南大学

【高校入試】
三島高校
高槻北高校
芥川高校

阪急高槻市駅前校についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)

阪急高槻市駅前校
の講師紹介

服部 風羽子 先生
服部 風羽子 先生

一人一人に合わせた授業で、勉強の面白さに気付いてもらえるような指導を心掛けています。

亀田 希夕 先生
亀田 希夕 先生

わかるという喜びから勉強の楽しさを教えられるような指導を心掛けています。
よろしくお願いします。

原田 果央子 先生
原田 果央子 先生

勉強を通して、生徒さんとともに、成長できるよう頑張っています。
よろしくお願いします。

※ 上記はトライ登録講師の一部です。

阪急高槻市駅前校
のコース紹介

人気コースランキング

1位 2位 3位
小学生 中学入学準備コース 算数特訓コース 英語先取りコース
中学生 公立高校入試対策コース 定期テスト対策コース 中高一貫サポートコース
高校生 定期テスト対策コース 大学別受験対策コース 中高一貫サポートコース

その他人気コース

小学生

【勉強の習慣づけコース】
トライプラスの個別指導と自習スペースで少しずつ勉強を習慣づけましょう。

【数学先取りコース】
算数が得意ならば、どんどん先取り学習を進め、数学の範囲を先取りしちゃいましょう!

中学生

【苦手科目克服コース】
トライプラスの個別指導は前の単元・前の学年に戻って学習できるので、苦手科目が克服できます。

【内部進学対策コース】
内部進学は定期テストや実力テストで決まります。学校に合わせた指導を行い、内部進学に備えます。

高校生

【赤点脱出コース】
まだまだ間に合います。基礎からやり直す授業を行っています。

【センター試験対策コース】
国立大学を受験する方はもちろん、私立大学を受験する方もトライプラスのセンター試験対策で高得点を目指しましょう。

阪急高槻市駅前校
からのお知らせ

  • 2019.07.06

    7月キャンペーンスタート!

    7月に入りました。 暑い日が続いておりますので、 体調には十分にお気を付けください。 〇〇小学校、〇〇中学校、そして近隣の皆様へ。 さて、今回は7月末までの特別キャンペーンの お知らせです。 【特典】 お試し4回無料(90分×4回分) 【期間】 7月1日(月)~ 7月31日(水) 「トライプラス」には選ばれる理由があります! 「トライプラス」の個別指導だからこそ選ばれる! 例えば、、、 ・「まわりに生徒が大勢いる中では、質問できない」 →「対面式個別指導」さらに教師は「担任制」です ので、気軽に質問できます。 ・「わからなくても授業が進んでしまい、何から勉強して良いかわからない」 →「個別指導」だからお子さまの理解度に応じて指導 するので、わからない単元から学習できます。 ・「自宅だと集中して学習できない」 →自習室がいつでも活用できますので、ご自宅で勉強 しにくいお子さまには最適です。 「トライプラス」が選ばれているのは、お子さま中心の授業を行っているから。それこそがお子さまや保護者の方の安心に、そして成績アップや志望校合格という結果を出せる方法だと確信しています。ぜひ一度私たちの無料授業を体感してみてください。
  • 2019.06.08

    テスト勉強の計画のコツ

    目前に迫った定期テストのテスト対策計画はしっかり立てられているでしょうか。 定期テストは成績をつける上で、最も大切な学校行事になりますので、ひとつひとつしっかりと計画を立てて臨みたいものです。皆さんはどのような計画を立てますか。 良くありがちな失敗例ですが、暗記教科を前日まで放置してしまうい、結局、他の教科の勉強を優先させて、何もしないままテストを受けるパターン。暗記ものなので、早くから取り組んでも、忘れてしまうからというのがその理由ですが、それは大きな間違いです。 1から覚えるという活動と、一度覚えたことを思い出す活動、どちらが負担の大きい活動か分かりますよね。負担のかかる「覚える」ことを直前になんて、とうていできるわけがありません。 暗記教科は是非、「覚える」→「思い出す」の2段階の計画を立ててください。 暗記教科は覚えた分だけ得点につながる教科です。是非、今回のテスト勉強の計画で実践してみてください。 こうした計画の立て方や、勉強の取り組みかたなど、担当の講師が個別指導で、しっかりサポート。 是非一度、ご相談におこしください。
  • 2019.05.14

    テストシーズン幕開け!

    新しい環境でバタバタと過ごした4月も終わり、長いGWで一息ついて、いよいよ「定期テストシーズン」の幕開けです。 いうまでもなく、成績を決める最も重要な学校行事になるわけですが、そんな大切な定期テストを漠然と受けていませんか。 テスト前、どのように計画を立てテスト対策を進めていくのか、どのような目標を掲げ臨むべきなのか、そして、テスト結果をどのように復習すべきなのか、この「定期テスト」に対しての一連の取り組みが出来ているのといないのとでは、その後の大きな差が生じるのはいうまでもありません。 まずは日程。早いところで2週間後、その他だいたい1ヶ月後となっています。  第一中学校(2-3年)5月28日、29日 ※1年生は6月6日、7日  第二中学校 6月11日、12日  第六中学校 6月13日、14日  第八中学校 6月20日、21日  川西中学校 6月6日、7日  芝谷中学校 6月6日、7日  城南中学校 6月13日、14日 しっかりとしたテスト対策を、そして、次のテストに向けてのテスト結果の見直しなど、トライの個別指導で身につけ、まずは今年度の最初のテストをいい形で終えましょう。 ご相談、お待ちしております。
  • 2019.03.22

    春休みの過ごし方

    春休みになりました。 短期間に1年間の総復習+新学年に向けての準備をしなければならないので、大忙しになること間違いなしです。 「新学期が始まったら頑張ろう!」という目標を立てても、授業が始まってしまうとあれこれバタバタしてあっという間にゴールデンウィークになってしまいます。 4月から頑張るためには「今」しっかりと準備しなければいけません。 やらないといけないことはいっぱいあるけれど、どれをどんな風に片付ければいいのかわからない…ということであれば、ぜひ一度ご相談ください。 トライの個別指導で、しっかり理解と徹底演習で新学期のスタートダッシュ準備をはじめましょう。 ご相談、お待ちしております。
  • 2019.03.20

    pre高校生のみなさんへ

    昨日、合格発表がありました。 いよいよ高校生ですね。 高校生になると、各教科の学習内容が難しくなるのは言うまでもありませんが、教科が2つに分かれ、同時に2つの単元が進んだりします。 高校入学後、授業がスタートしてからではなく、今のうちから高校での勉強について、しっかりとイメージし、それぞれをどのように取り組んでいくのか決めておきましょう。 また、ほんの少しでも、先取り学習をしていると、初めての授業にゆとりを持って臨むことが可能となります。 新しい環境で、スタートダッシュを切るために、今から準備を始めませんか。 ご相談、お待ちしております。
  • 2019.03.15

    一息返上! やり残した課題の解決を!

    中学3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。 中学生活が終わりましたが、何かの終わりは同時に次の区切りの新しい出発点となっています。 次の区切り、いろいろな選択肢がありますが、進学を目指す人にとっては、引き続き、勉強を積み上げていかなければなりません。 積み上げていくためには、その土台となる中学時代の学習がとても大切です。 各教科、各単元、課題なく終えられましたか。 特に、英語や数学では、課題を解決しないままだと、スピードの速い高校の授業では、あっという間に分からなくなってしまいます。 一息つきたいところですが、今のうちに課題に決着をつけてしまいましょう。 とはいっても、なかなか自分自身で、課題を割り出し、克服していくことは大変ですね。 そんなみなさんは、是非ご相談ください。 トライの個別指導で単元の理解を深め、 徹底した演習で定着をはかり、 各教科、各単元の基礎力を築きましょう。 入学後、スタートダッシュを切るために、ご相談、お待ちしております。
  • 2019.03.13

    あと1年?

    11日に公立高校の入試が終わりました。 受験されたみなさんは、お疲れ様でした。 2年生のみなさん、1年後はみなさんの番ですね。 「あと1年」 試験日は確かに後1年になりますが、実は、12月には私立高校の受験校を決め、その合格発表を受けて2月に公立高校の受験校を決める流れになります。 そして、私立の受験校を決める根拠となるのは10月末から11月前半に実施される実力テストです。 つまり、10月~11月にはしっかりと実力を身につけておく必要があるわけです。 そうすると入試の入り口の10月末まで後7ヶ月しかないんですね。 意外と時間が限られていますね。 3年生になってからではなく、今から1-2年生での苦手単元を克服していかないと、3年生でも課題を抱えてしまい、秋までに課題解決間に合わなくなってしまいます。 トライ式個別指導で苦手克服を全力でサポートいたします。 ご相談、お待ちしております。
  • 2019.03.08

    「入試直前」最後の入試対策は

    週明け11日は大阪府公立高等学校入学者選抜、いわゆる高校入試ですね。 もう、今更何をしてもなんて思っていませんか。 最後の週末、仕上げにかかっていきましょう。 では、何をすればいいのでしょうか。 入試も含め、テストで一番大切なことは、自分の力を全て得点にすること。つまり、ミスをしないことが最も重要になります。 そこで、最終最後、自分自身のミスチェックだけは行ってください。 ●「ミス」を防ぐために● しかし、この「ミス」ということが、あまりにも漠然としていて、具体的に何に気をつければいいのかを意識化することはできません。 そこで、これまでやってきた自分自身のミスを具体的に思い出し、たとえば、「『複数の-s』の付け忘れを絶対にしない!」とか、「常に±の符号を意識しながら計算する!」とか、何を意識するのかを明確にしておきましょう。 以上で、入試対策は終了です。 これまで一生懸命頑張ってきた自分自身を信じ、胸張って堂々と入試を楽しんでください! 頑張って!
トライプラスが選ばれる理由
  1. 1理解できるまでお子さまと向き合う個別指導スタイル
  2. 2生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
  3. 3自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
  4. 4お子さまの理解度・到達度が分かる学習プログラム
  5. 5授業のない日も自由に自習できる演習エリア
  6. 6繰り返し見る事の出来る映像授業の「Try IT」
  7. 7単元別学習・苦手克服が出来る演習プリント/オリジナル教材
入会までの流れ
  1. お問い合わせ
    まずはお電話でお問い合わせください。
  2. 無料
    体験授業
    無料で体験授業を受けていただけます。トライプラスの指導効果を実感してください。
  3. 学習状況
    の確認
    お子さまの目標や現在の学力を確認し、学習プランをご提案します。
  4. ご入会
    トライプラスでの指導法や学習プランにご納得いただけた場合、ご入会のお申込みをお願いします。
  5. 担任講師
    の決定
    お子さまの目標や受講科目、そして性格まで配慮した上で最適な担任講師を選定します。
資料請求や授業料についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)