個別指導塾トライプラス膳所校資料請求はこちら

教室見学可

滋賀県大津市 膳所校
の教室情報

住所 〒520-0802
滋賀県 大津市馬場1−14−18
アークスビル3F
最寄り駅 東海道本線膳所駅、石山坂本線京阪膳所駅
対応学年 小学生中学生高校生、浪人生
教室長 柏原 章吾

膳所校
へのアクセス

通塾エリア

馬場、打出浜、石場、本宮、西の庄、昭和町、におの浜、松本、京町、梅林、朝日が丘、竜が丘、湖城が丘、相模町、膳所、木下町、丸の内町、中央、末広町、島の関、浜町、浜大津、御幸町、春日町、音羽台、梅林町、松本本宮町、鶴の里、池の里、秋葉台、膳所平尾町、本丸町、中庄、杉浦町

〒520-0802 滋賀県 大津市馬場1−14−18 アークスビル3F

膳所校
の教室長からのメッセージ

柏原 章吾
教室長:柏原 章吾
トライプラス膳所校は、このたび10月9日に新規開校の運びとなりました。 トライプラスでは生徒一人ひとりに寄り添い、学習習慣の定着、苦手克服、成績向上、志望校合格を目指して指導を行っています。 学習カウンセリングにてお子さまと保護者様のご要望をお伺いし、一人ひとりに最適な学習プランを作成し、責任を持って指導にあたります。 また、いつでも通える自習スペースを完備し、チューター講師が学習サポートを行っていきます。 教室見学、学習カウンセリング、体験授業は随時受け付けておりますので、お気軽にお越しください。心よりお待ちしております。
膳所校についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)

膳所校
の講師紹介

田中樹
田中樹

人と話すのが大好きでこの仕事を始めました。楽しく勉強を教えられたらいいなと思います。古典の世界に思いを馳せてみませんか。

加藤智行
加藤智行

数学を中心に教えています。数学はわかった瞬間とびきり嬉しくなれる科目です。
キライがスキになれるよう指導していきます。

廣瀬太朗
廣瀬太朗

私は生徒さんがどこでつまずいているのかを徹底的に探り、授業を完全に理解できるように全力を尽くします。

弥永泰知
弥永泰知

真面目が取りえなので一生懸命授業をします。理系科目が得意なので苦手な人でも理解しやすい授業を心がけていきます。

藤藪和
藤藪和

持ち前の明るさを活かして生徒さんが勉強することが楽しいと感じるようになってもらえるように頑張ります。

※ 上記はトライ登録講師の一部です。

膳所校
のコース紹介

人気コースランキング

1位 2位 3位
小学生 算数・国語集中コース 学習習慣付けコース 苦手科目克服コース
中学生 定期テスト対策コース 公立高校入試対策コース 苦手科目克服コース
高校生 大学別受験対策コース 定期テスト対策コース 苦手科目克服コース

その他人気コース

小学生

勉強の習慣づけコース、進学塾サポートコース、小学校英語準備コース

中学生

公立・私立高校受験コース、中高一貫サポートコース、内部進学対策コース

高校生

国公立・私立大学受験コース、センターテスト対策コース、中高一貫サポートコース

膳所校
からのお知らせ

  • 2019.01.19

    受験に向けて9

    その9 Standing and fight かつて、エディという日系人のボクシングトレーナーがいました。6人もの世界チャンピオンを育て上げ『名伯楽』と呼ばれました。そのエディさんが残した言葉の中に、有名なものがいくつかあります。そのひとつに「チャンピオンになれる人、なれない人、どれだけの差があると思いますか?(右手の親指と人差し指で数ミリのすき間をつくりながら)これだけよ。ほんのこれっぽっちの差よ。」というものがあります。 あと「コーチ、100%教えないんですよ。70%。残り30%、選手、自分の頭使わなかったらいいボクサーになれない。」という言葉もあります。そして、最も有名な言葉が「Standing and fight」(立って、戦いなさい)です。これらの言葉から、エディさんの伝えたいことが理解できるでしょうか。自分が全力で手を伸ばしたその数ミリ先に夢や目標がある。では、どうすればその数ミリの差を埋められるのか、自分の頭でよく考える。そして一番大切なのは、どれだけ困難に打ちのめされても心折れることなく、また立って戦い続けなさい。エディさんが伝えたいのは、そんな事ではないでしょうか。
  • 2019.01.18

    受験に向けて8

    【明日への第一歩】 その8 マイナスのイメージを打ち消す ネガティブな人の為に、悪いイメージを打ち消す方法を教えましょう。それは、体を動かすことです。心と体はリンクしています。気分が落ち込んでいるとき、どうしても人は背中を丸めるようになり、顔も暗くなってしまいます。そうすると、ますます気分は落ち込んでいきます。しかし、力強く両手の拳を突き上げて「海賊王におれはなる!」と大きな声を出せば、暗い気持ちは吹っ飛んでいきます。あるいは、晴れた日に空を見上げて「地球のみんな、オラに力をわけてくれ」と声に出して、しばらく天に両手を伸ばしていてもいいでしょう。本当に自分の中に元気がみなぎってくるのが分かるはずです。(ただし、周りに人がいない状況でやることをおススメします。)ふざけているように思うかもしれませんが、実際にやってみれば、本当に効果があることを分かってもらえるはずです。
  • 2019.01.17

    受験に向けて7

    【明日への第一歩】 その7 過去問対策 滋賀県の入試問題は2015年から大きく変更され、時間(40分→50分)だけでなく、問題の特徴も変わりました(記述問題の増加)。ですから、過去問として有効活用できるのは2015~2018年の4年分だけです。そして年度ごとに「結果のまとめ」が教育委員会のHPに出ているので、それを参考にして正答率が20%以下の問題はパスして解いて下さい。考えるだけ時間のムダです。正答率が高い問題を確実にゲットする事を心がけましょう。 さらに滋賀の入試問題(特に数学)は秋田県をロールモデルとしているので、秋田県の入試問題を解くのは極めて有効的です。過去問を買わなくてもネットでダウンロードできます。早めに解いておきましょう。数学で言えば、5のⅡ以外は全て解いてください。
  • 2019.01.16

    受験に向けて6

    【明日への第一歩】 その6 魔法を求めない よくテレビで東大合格者や京大合格者が伝授する勉強法などの類の番組がありますが、そういう情報に踊らされてマネをするのは、絶対にやめて下さい。 人それぞれ能力も育ってきた環境も違います。その人が上手くいったからといって真似をしても、他の人が上手くいく保証はありません。テレビは視聴率をかせぐために、出来るだけインパクトのある特殊なモノをとりあげます。それを一般人が真似るのは愚の骨頂です。 (例)イチロー選手が毎朝カレーを食べるからといってそれをマネしても、イチロー選手のようになれるわけではありません。 成功者の表面的なやり方をマネするのではなく、その境地にたどり着くまで「どれだけの努力をしてきたのか」に目を向けるべきです。 「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行く、ただひとつの道だと思っています 。」 by イチロー といった言葉にこそ、真実は含まれていると思います。「特別なこと」をする必要は何もありません。魔法を求めず、コツコツと地道に努力を重ねて下さい。
  • 2019.01.15

    受験に向けて5

    【明日への第一歩】 その5 形(フォーム)を大切にする 形というのは姿勢のことです。ピアノを習った事のある人なら、演奏中、背筋を伸ばして弾くように注意されたはずです。勉強をする時も同様です。机に寝そべったり、頬杖をついたりしていては、十分に脳は働いてくれません。そのような姿勢では、たとえ長時間勉強しても実際に集中出来ているのは、ほんのわずかでしょう。まずは背筋を伸ばし真っ直ぐ前を向いて、勉強するように心掛けましょう。
  • 2019.01.12

    受験に向けて4

    【明日への第一歩】 その4 入試直前は手を広げない 入試が近づいてくると焦る気持ちが湧いてきて、色々な問題集に手を出したくなります。そして基本が十分に身についていないのに、難問を解きたがります。でもそれはNGです。入試直前になって、全然解いたこともない問題集に取り組んでも、結局みんな中途半端になって焦りが増すだけで、良いことは全くありません。大量に問題をこなすのは1月まで。あとは今までに勉強したテキストをひたすら繰り返しましょう。 ふだん塾で使っている問題集に、ほとんどの基本問題は入っています。ですから他の問題集やプリント等をいくつもやる必要はありません。むしろ一冊に集中してマスターする。これが最も効果的です。実際、今まで難関校に受かった先輩達は塾のテキスト以外手を出していません。逆に、問題集を大量も集めていた人は成績が伸びませんでした。まずは、ド真剣になって基礎・基本を完璧にしましょう。 『キャッチボールをいい加減にする選手に、いい選手はいない。』 by 野村克也
  • 2019.01.11

    受験に向けて3

    【明日への第一歩】 その3 勉強と作業を分けるべし 大まかに言って、「勉強」とは脳みそを働かせることです。でも、色ペンなどでノートをデコレーションするのは、単なる「作業」です。どれだけ時間をかけてきれいにノートをまとめても点数は上がりません。英単語を1行ずつノートに書いている人も同様です。簡単な単語であれば2,3回書けば覚えられるでしょうし、逆に難しい単語であれば、覚えられるまで何度も書くべきです。さらに英単語を書くときは、必ず頭の中で発音しながら覚えましょう。発音の仕方もわからずにノートに写しているだけでは、ただの落書きと変わりません。自分では頑張って勉強しているつもりなのに成績が伸びないという人は、このパターンにあてはまる事が多いです。机の前に長い時間座っていればいいというものではありません。「勉強」と「作業」を明確に分けましょう。
  • 2019.01.10

    受験に向けて2

    【明日への第一歩】 その2 間違いノートを進化させるべし 過去問や問題集で間違えた問題に限らず、「なるほど!」と思ったことや、理解があいまいな箇所を、どんどん間違いノートに書き込んでいきましょう。 あと選択問題で丸になったら、それでOKにしていませんか。でも、他のすべての選択肢が、どう間違っているのか正確に指摘できないのならOKではありません。もし、なんとなく選んでたまたま合っていただけなら、正解であっても間違いノートに書き込んでいきしょう。こうして間違いノートに重要な情報を集中させると、「この問題、前にどこかで見たことがあったなあ、どこだったかなぁ」「あの便利な公式って、どこに書いたっけなぁ」となったときに、あれこれ探し回る必要がなくなります。このようにノートを辞書のように使っていくと、自分のためだけのバイブルが完成します。 これは受験の時、最高のお守りになります。大切にしてください。
  • 2019.01.09

    受験に向けて

    新年明けましておめでとうございます。 今年もトライプラス膳所校をよろしくお願い致します。 今回から3月の受験に向けての具体的な勉強方法を記載していきます。 ぜひ受験勉強の参考にしてください。 【明日への第一歩】 その1.間違いノートを作成するべし (左側のページ側) 問題文を写す ・簡単な計算や短い文章であれば、自分で書いて写す ・長い文章や図形問題、あるいは資料などがある場合は コピーをして貼り付ける ※大切な事は、作業に無駄な時間をかけずに、勉強に時間をかけることです。 (右側のページ側) 解説を書く ・塾で説明を受けた内容や教科書や辞典で調べたことを、ノートに書き込んでいく。 ・自分が分かれば良いので、必要以上にデコらないこと。時間のムダです。 ・自分の間違えた解き方や答えも書いておくこと。  単なるケアレスミスだから書かなくてもOKなどと考えない。  ケアレスミスではありません。自分に実力が不足しているから間違えたのです。  その現実をしっかり受けとめましょう。 ・暗記科目の場合は、必ず教科書を調べて何ページに書いてあったか記録すること。
  • 2018.11.22

    我々の使命

    仕事に家事に子育てに 毎日お疲れのお母さんへ 我々にお手伝いをさせてもらえませんか。 周りの子はみんな賢しこそうに見えるのにうちの子は・・・なんて不安に感じる事もあるでしょう。期待しているからこそ、きつく怒ってしまう事もありますよね。でも、その後に自己嫌悪なんてありませんか。何よりも大切なお子さんだからこそ、心配ですよね。でも、一人で悩まないで下さい。日頃の不安や悩みを我々にシェアして、少しでも肩を軽くして下さい。 決して忘れないで下さい。 お子さんが世界で一番好きなのは、 お母さんあなたです! 嫌われ役は我々が引き受けます。 疲れたなと思ったら、 いつでも連絡してください。 <教室直通TEL:077-536-5203>
  • 2018.10.19

    入試対策

    『孫子』という兵法書に「彼れ(敵)を知りて己を知れば、百戦してあやうからず」という言葉があります。意味は、相手の事をよく知り自分の実力をしっかりと把握すれば、ムダに負けることはないということです。入試を戦に例えるならば、敵とは入試問題です。 滋賀県の入試問題は2015年から大きく変更され、時間(40分→50分)だけでなく、問題の特徴も変わりました(記述問題の増加)。ですから、過去問として有効活用できるのは2015~2018年の4年分だけ。さらに滋賀の入試問題(特に数学)は、ある県をロールモデルとしているので、その県の入試過去問を解くのは入試対策として極めて有効的です。 力をいれるべきはどこで、あまり時間をかけなくても良いのはどこなのか。トライプラス膳所校独自の分析による有効な入試対策を、それぞれの生徒さんに合わせてオーダーメイドでご提案させて頂きます。どうぞお気軽に、ご相談にお越しください。
  • 2018.10.18

    マドルスルー

    必死に努力していても、なかなか結果が出ない時があります。そんな時は、まるで自分が泥の中で必死にもがいてるように感じるでしょう。いつか光が見えるのだろうかと不安になるはずです。いわゆるスランプです。向上心をもって努力している人ほど、スランプにおちいりやすいものです。つまり、頑張っているから悩むんです。でも大丈夫、心配しないでください。なぜなら、脱出する糸口をつくるのも、また向上心だからです。前進する気持ち=向上心がある人は、あきらめないで努力を続けるはずです。そうすれば、必ずスランプなど乗り越えられます。その状態をマドルスルーと呼びます。混沌とした状態(muddle)から抜け出した時、前よりも進化した自分がいるはずです。
  • 2018.09.14

    膳所校お知らせ

    10月9日にトライプラス膳所校が開校します! この機会に 「家庭教師品質」で 「一人ひとりにあわせた授業」を 「お手軽な価格」で受講いただける トライプラスにぜひごお問合せ下さい!
トライプラスが選ばれる理由
  1. 1理解できるまでお子さまと向き合う個別指導スタイル
  2. 2生徒の気持ちを理解できる講師と出会える担任制
  3. 3自分のペースで学習できるオーダーメイドカリキュラム
  4. 4お子さまの理解度・到達度が分かる学習プログラム
  5. 5授業のない日も自由に自習できる演習エリア
  6. 6繰り返し見る事の出来る映像授業の「Try IT」
  7. 7単元別学習・苦手克服が出来る演習プリント/オリジナル教材
入会までの流れ
  1. お問い合わせ
    まずはお電話でお問い合わせください。
  2. 無料
    体験授業
    無料で体験授業を受けていただけます。トライプラスの指導効果を実感してください。
  3. 学習状況
    の確認
    お子さまの目標や現在の学力を確認し、学習プランをご提案します。
  4. ご入会
    トライプラスでの指導法や学習プランにご納得いただけた場合、ご入会のお申込みをお願いします。
  5. 担任講師
    の決定
    お子さまの目標や受講科目、そして性格まで配慮した上で最適な担任講師を選定します。
資料請求や授業料についてのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-177-202
受付時間:10:00 〜 22:00
授業料・資料請求など各種お問い合わせ
授業料・資料請求の
お問い合わせ(無料)